コーヒーフレッシュ【コーヒーミルク】やシュガーのカロリーや糖質は?

Sponsored Link

今日は、コーヒーフレッシュやシュガーのカロリーや糖質をテーマに
していきたいと思います^^

 

コーヒーのお供に使用するものですが、カロリーや糖質は
どれくらいになるのでしょうか。

 

まとめていきます。

sweets_milk_cream

 

コーヒーフレッシュのカロリーはどれくらい?

コーヒーフレッシュは別名【コーヒーミルク】と
呼ばれています。

 

しかし、コーヒーフレッシュというのは、
和製英語であり、原料は、基本的に植物油であり、
植物油に水を混ぜ、そして乳化剤を加えて、白く濁らせて
ミルクのようにさせています。

 

ですが、実際は、生クリームなどではなく、
主原料は、油というわけです。

 

基本的に、
・植物油
・植物油+乳脂肪
・乳脂肪のみ


で構成されていますが、
一般に市販されているのは、植物油+乳脂肪で構成されているものが
多いです。

 

食品成分表によると、
コーヒーフレッシュ(正式名所コーヒーホワイトナー)の
栄養成分は、
エネルギー:228kcagl
水分:69.2
たんぱく質:4.8g
脂質:21.6g
炭水化物:3.7g
食物繊維:0.0g
このように構成されています。

 

ですので、コーヒーフレッシュ100gあたりの
カロリーは 228kcal となります。

 

実際には、 5mlが一般的ですので、
カロリーは、 11kcal となります。

 

また粉末の場合は、
乳脂肪のもので100gあたり518kcal
植物性のもので、100gあたり568kcal
となります。

 

粉末のものは、3g程度というのが
多いので、

 

3gですと、それぞれカロリーは、
乳脂肪のもの: 16kcal
植物性のもの: 17kcal

となります。

カロリーは多いというわけではないですが、
それなりにカロリーも含まれているので
要注意です。

 

カロリー低めのコーヒーフレッシュも♪
 

コーヒーフレッシュの糖質はどれくらい?

では、糖質はどれくらい含まれているのでしょうか。

 

基本的に、
糖質=炭水化物-食物繊維量で計算することができます。

 

しかし、コーヒーフレッシュには食物繊維が含まれていないので、
炭水化物がそのまま糖質となります。

 

液体で植物油+乳脂肪のものの場合は、 糖質100gあたり
3.7g です。

 

1個5mlあたりでは、 0.2g
となります。

 

1個あたりですと、糖質は少なめです。

 

また、粉末3g程度の糖質は、
乳脂肪のもの:1.8g
植物性のもの:1.6g


と粉末のものの方が、糖質は多くなっています。

Sponsored Link

コーヒーシュガーのカロリーはどれくらい?

では、コーヒーシュガーはどれくらいなのでしょうか。

cooking_sugar_stick

食品成分表によると、コーヒーシュガー100gあたりの
栄養成分は、
エネルギー:387kcal
水分:0.0g
たんぱく質:0.1g
脂質:0.0g
炭水化物:99.9g
食物繊維:0g


となっています。

 

通常、コーヒーシュガーは1杯あたりの使用は、 5g 程度です。
5gでカロリーは、 19kcal
となります。

 

砂糖は、カロリーが高いですので、
いれすぎには注意しましょう。

 

また、コーヒーシュガーは食物繊維が含まれていないので、
糖質は、そのまま5g程度ということになります。

 

 

まとめ

今回は、コーヒーフレッシュやコーヒーシュガーの
カロリーや糖質についてまとめてみました。

 

カロリーや糖質は、少量であれば、
そこまで多いというわけではありません。

 

ただ、それぞれカロリーは高いので、
使いすぎには注意しましょう。

 

★こちらの記事もどうぞ
コーヒー【ブラック】のカロリーや糖質は?インスタントコーヒーでは?

Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ