調整豆乳のカロリーや糖質量はどれくらい?紀文やオフのものは?

Sponsored Link

今日は、調整豆乳のカロリーや糖質量をテーマにしていきたいと思います^^

 

調整豆乳のカロリーや糖質量はどれくらいでしょうか。
また紀文などの市販のものだと、カロリーはどれくらいでしょう。

 

調整豆乳についてまとめていきます。

12d1a94b825e0830a8f79559f8ad1bb5_s

 

調整豆乳のカロリーはどれくらい?

豆乳は、豆腐をつくる際にできる、
おからを除いたあとの乳状の飲料を指します。

 

その中でも調整豆乳は、砂糖や調味料などを加えて飲みやすく、
っして大豆固形分が 6%以上のものを指します。

 

また、豆乳飲料は、さらに果実や野菜の絞汁などを加えて、
大豆固形分を 4%以上としたものを指します。

 

食品成分表では、豆乳飲料の成分値は、
麦芽コーヒーの成分値となっています。

 

そんな調整豆乳のカロリーはどれくらいでしょうか。

 

食品成分表をもとにすると、
調整豆乳100gあたりの栄養成分は以下のようになります。

 

~調整豆乳~
エネルギー:64kcal
水分:87.9g
タンパク質:3.2g
脂質:3.6g
炭水化物:4.8g
食物繊維:0.3g
 

~豆乳飲料・麦芽コーヒー~
エネルギー:60kcal
水分:87.4g
タンパク質:2.2g
脂質:2.2g
炭水化物:7.8g
食物繊維:0.1g
 

このようになっています。

 

ですので、調整豆乳は100gあたりで 64kcal
となります。

 

麦芽コーヒーの方は、炭水化物量は多いものの、
タンパク質や脂質量が少ないので、
調整豆乳より少し、カロリーは低くなります。

 

また牛乳100gあたりのカロリーは67kcalですので、
多少調整豆乳の方が、カロリーは低くなります。

 

 

調整豆乳1杯分のカロリーはどれくらい?

調整豆乳はパックなどでも販売されていますが、
1杯分200mlあたりで210g
となります。

 

ですので、調整豆乳1杯分で
134kcal
となります。

 

★こちらの記事もどうぞ
豆乳【無調整】のカロリーや糖質は?牛乳と違いは?豆乳スープでは?

Sponsored Link

調整豆乳の糖質量はどれくらい?

では、調整豆乳の糖質量はどれくらいでしょうか。

cbbaf9471f055d0add89a94ba2b2466d_s

 

基本的に糖質は、
糖質=炭水化物量-食物繊維量
で計算することができます。

 

ですので、調整豆乳の糖質量も同じように計算することができます。

 

それぞれ100gあたりの糖質量は以下のようになります。

 

~調整豆乳~
糖質=炭水化物量-食物繊維量=4.8‐0.3=4.5g


 

~豆乳飲料・麦芽コーヒー~
糖質=炭水化物量-食物繊維量=7.8‐0.1=7.7g


 

よってそれぞれ100gあたりの糖質量は、
調整豆乳: 4.5g
麦芽コーヒー: 7.7g


となります。

 

調整豆乳の方が、多少糖質量は低くなります。

 

また、調整豆乳1杯分で210g程度ですので、
1杯あたりの糖質量は、
9.5g
となります。

 

1本0.4gの糖質飲料も♪


市販の調整豆乳のカロリーはどれくらい?

調整豆乳は市販品も多いですが、
それぞれカロリーはどれくらいでしょうか。

 

 

~紀文~(キッコーマンソイフーズ)


調整豆乳スタンダード: 117kcal /200ml
特濃調整豆乳: 109kcal /200ml
カロリーオフ調整豆乳: 74kcal /200ml
焙煎大豆調整豆乳: 126kcal /200ml


引用元:http://www.k-tounyu.jp/03_lineup/

 

 

~マルサンアイ~


調製豆乳: 104kcal /200ml
国産大豆の調製豆乳: 140kcal /200ml
調製豆乳 カロリー45%オフ: 68kcal /200ml


 

引用元:http://www.marusanai.co.jp/lineuplist.php?cat=1

 

 

200mlのものは、100kcalを超えるものが多いです。

 

ただし市販品はカロリーオフのものだと、
1本でも100kcal未満です。

 

 

まとめ

今回は、調整豆乳のカロリーや糖質量をテーマにして
まとめてみました。

 

調整豆乳は、無調整のものより飲みやすくなっていますが、
カロリーは100gで64kcal
コップ1杯で130kcal程度です。

 

また、飲みやすいように味付けしてある豆乳飲料は
さらに高カロリーになります。

Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ