日本酒の糖質はどれくらい?1合のカロリーは高い?焼酎は?

Sponsored Link

今日は、日本酒のカロリーや糖質をテーマにしていきたいと思います^^

 

日本酒のカロリー高いとされていますが、糖質はどれくらいなのでしょうか。
焼酎とも比較してみました。

drink_nihonsyu (1)

 

日本酒のカロリーはどれくらい?焼酎は?

日本酒ってカロリーが高いとされていますよね。

 

そんな日本酒のカロリーはどれくらいなのでしょうか。
基本的に日本酒は、米から作った醸造酒を
指します。

 

お米の主成分であるデンプンを糖にかえて、
さらにその糖をアルコールに変えることで
日本酒ができあがります。

 

日本酒といっても純米酒、本醸造酒、吟醸酒、純米吟醸酒などの
種類があります。

 

純米という名前がつくと、
お米と米麹だけで作られたお酒という
意味になります。

 

 

ここでは日本酒の中でも 純米酒 を代表に
まとめていきます。

 

日本酒(純米酒)100gあたりの栄養成分は、
エネルギー:103kcal
水分:83.7g
タンパク質:0.4g
脂質:0
炭水化物:3.6g
食物繊維:0
 

このようになっています。

 

ですので、 100gあたりのカロリーは 103kcal

 

よって 一合のカロリーは 185kcal となります。

 

 

ちなみに他の日本酒のカロリーは、
100gあたりだと、
本醸造酒: 107kcal
醸造酒: 104kcal
純米吟醸酒: 103kcal


となっています。

 

ですので、日本酒のカロリーは種類によって
そこまで違いはありません。

 

 

一方、焼酎のカロリーは
100gあたり
甲類で 206kcal という数値になっています。

 

日本酒より高いじゃん!
と思うかもしれませんが、
焼酎に含まれているカロリーは エンプティーカロリー
つまり、体に残らないで優先的に消費されるカロリーなのです。

 

アルコールのカロリーは1gあたり7kcal程度とされていますが、
焼酎には、炭水化物などの余分なものが含まれていないので、
基本的に含まれているのは、
アルコールと水分だけ、ですので、
消費されやすいから体に残らないとされています。

 

ですから、焼酎類は飲んでも太らないとされる所以は、
このエンプティカロリーにあるのです。

Sponsored Link

日本酒の糖質はどれくらい?焼酎は?

日本酒は原材料がそもそも米ですので、
糖質も含まれています。

 

先ほどと同じように純米酒でみていきましょう。

drink_nihonsyu

 

糖質=炭水化物-食物繊維量 で計算できます。

 

日本酒には、食物繊維が含まれていないので、
糖質は単純に炭水化物量ということになります。

 

ですので、純米酒の糖質は、100gあたり
3.6g
よって、 1合あたりだと 6.9g
ということになります。

 

 

この数字、甘いジュースと比較すると
かなり低いです。

 

ただこの数値、ビールと比較すると少し高めです。

 

このあたりが糖尿病になるとかいわれている原因だと
思いますが、ジュースを飲んでいるほうが、
はるかに糖質を多く摂取しているといえます。

 

ちなみに焼酎の糖質も気になるところですが、
焼酎は蒸留酒であるために、基本的にアルコールと水分で
構成されていますから、
糖質は0です。

 

完全に 糖質0 ですので、ダイエット中の方にも
よくおすすめされています。

 

お茶やお湯割りであれば糖質も0のままですが、
紅茶などの糖質を含むもので割ると意味がないので
要注意です。

 

 

まとめ

今回は、日本酒のカロリーや糖質について
まとめてみました。

 

アルコールということもあり、カロリーは少し高めですが、
糖質は思ったより低いと思われたのでは
ないでしょうか。

 

日本酒はそこまで糖質を含んでいるというわけでは
ありません。

 

飲みすぎはよくないですが、
適量であれば、太るということもありません。

★こちらの記事もどうぞ
梅酒のカロリーや糖質はどれくらい?チョーヤなど市販のものは?

Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ