塩のカロリーや糖質量は?小さじ・100gでは?

Sponsored Link

今日は、塩のカロリーや糖質量をテーマにしていきたいと思います^^

 

塩のカロリーや糖質量はどれくらいでしょうか。
また小さじではどれくらいになるでしょうか。

 

塩についてまとめていきます。

2630a3a4aa96a156e857327c8e65ee7b_s

 

塩のカロリーはどれくらい?

塩は、調味料の一種です。

 

和食においても、塩はかかせません。

 

主に塩は、岩塩、海水から作られていますが、
他にも湖塩からも作られています。

 

塩の主な成分は 塩化ナトリウムであり、
せの塩化ナトリウムの純度によって塩の種類は
分かれています。

 

純度の高い塩ほど吸湿性は弱いといえます。

 

そんな塩のカロリーはどれくらいでしょうか。

 

~食塩~
食塩は、塩化ナトリウムの含有量が99%以上のものです。

 
エネルギー:0kcal
水分:0.1g
タンパク質:0.0g
脂質:0.0g
炭水化物:0.0g
食物繊維:0.0g
 

 

~並塩~
並塩は、塩化ナトリウムの含有量が95%以上のものです。

 
エネルギー:0kcal
水分:1.8g
タンパク質:0.0g
脂質:0.0g
炭水化物:0.0g
食物繊維:0.0g
 

 

~精製塩~
精製塩は塩化ナトリウムの含有量が99.5%以上のものです。

家庭用の精製塩は、マグネシウムが添加されています。

 
エネルギー:0.0kcal
水分:0.0g
タンパク質:0.0g
脂質:0.0g
炭水化物:0.0g
食物繊維:0.0g
 

このようになっています。

 

ですので、塩のカロリーは0となっています。

 

100gだとしても塩は0カロリー、
つまりエネルギーがないといえます。

 

 

スポンサーリンク



塩小さじ1杯のカロリーは?

塩小さじ1杯の重さは 6gです。

 

塩は小さじ1杯で6gになりますが、
いずれにしろカロリーは 0kcal となります。

 

つまり塩にエネルギーはありません。


スポンサーリンク



塩の糖質量はどれくらい?

基本的に糖質は、
糖質=炭水化物量-食物繊維量
で計算することができます。

2630a3a4aa96a156e857327c8e65ee7b_s

 

塩の糖質量も同じように計算することができます。

 

ですが、塩には上記のように
炭水化物量も食物繊維量も 0 になっています。

 

ですので、塩の糖質量は、
100gであっても小さじや大さじであっても
0になります。

 

なので塩の糖質量は気にしなくて大丈夫です。

 

塩には糖質量は含まれていませんが、
摂取しすぎには注意が必要です。

 

 

塩はカロリー0なのに太ることも?

塩はミネラルであり、カロリーは0ということになります。

 

また、多少のマグネシウムは含まれていますが、
基本的に栄養はほとんどないといえます。

 

とはいえ、私たちが生きていく上で必要な成分であり、
血液や体液の成分となって働きます。

 

人間の体は70%が水分とされていますが、
この70%の中に塩分が溶けています。

 

塩は取り過ぎはよくありませんが、
なくてはならないミネラルなのです。

 

塩をとりすぎると太る、といういわれることがありますが、
塩を多く摂取すると、
その分、体内の水分を調整するために、
水分を多く摂取するようになります。

 

よって、体内の水分含有量が多く、
水太り・むくみの原因となります。

 

むくみに効くのは 「カリウム」です。

 

カリウムは、体内の塩分量を調整し、
不必要な塩分を体外に排泄する働きがあります。

 

また塩を摂取して直接太るということはないのですが、
塩を多く摂取すると、
それだけ糖分も摂取してしまうことがあり、
結果として太ってしまう
ということがあります。

 

また塩を摂取することによって食欲増進し、
ついつい食べ過ぎてしまうことがあります。

 

塩の摂取しすぎには注意しましょう。

 

 

糖質制限の際は、塩の摂取しすぎに注意

糖質制限をすると、
炭水化物量の摂取が減ります。

84e723cca250203b3288122cd6fe2c4f_s

 

炭水化物を食べない分、野菜や肉、魚料理
などを食べて満腹にしようとしますよね。

 

野菜や肉などの調理には、どうしても
調味料として塩分を多く含むものを使用しがちです。

 

直接塩を使わなくても、醤油や味噌などの調味料にも
塩は多く含まれています。

 

厚生労働省による日本人の食事摂取基準では、
成人男性で1日に 8.0g未満
成人女性で1日に 7.0g未満
とされています。

 

濃口醤油大さじ1杯でも2.6g
麦みそ大さじ1杯でも1.9g
もの塩分量が含まれています。

 

ついつい塩分量がオーバーしてしまう可能性が
あるので特に外食の際は注意が必要です。

 

外食には特に多くの塩分が含まれています。

 

なので、外食する際は、メニューに塩分量が記載されているので、
そういった箇所をよくチェックするように
しましょう。

 

家庭料理の方が塩分量は調整しやすくなります。

 

薄味に気を付け、
調味料も減塩のものを使用すると、
さらに塩分量を調整することができます。

 

またドレッシング等にも塩分量が多く含まれている
こともあるので注意しましょう。


まとめ

今回は、塩のカロリーや糖質量をテーマにして
まとめてみました。

 

塩はカロリーも糖質量も0です。

 

ですが、塩の取り過ぎは体に悪いので
摂取量には注意しましょう。

 

調味料には意外に多くの塩分量が含まれているので、
塩以外の調味料にも気をつけましょう。

 

★こちらの記事もどうぞ
醤油のカロリーや糖質量は?大さじ・小さじでは?

■断食しても痩せられなかった
■糖質制限ダイエットがつらい…
■置き換えダイエットは続かない
■炭水化物がやめられない
■デートのために痩せたい

そんなあなたに
↓↓↓
私が好きなものを食べてビールをたくさん飲んでも痩せた方法!


Sponsored Link


こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ