カツカレーのカロリーや糖質量は?大盛りにすると?

Sponsored Link

今日は、カツカレーのカロリーや糖質量をテーマにしていきたいと思います^^

 

カツカレーのカロリーや糖質量はどれくらいでしょうか。
また大盛りにするとどうなるでしょうか。

 

カツカレーについてまとめていきます。

e469659e1ee28c94c616ad1990f0f168_s

 

カツカレーのカロリーはどれくらい?

カツカレーは、カレーライスの上にとんかつが
のったものです。

 

とんかつではなく、チキンカツやメンチカツが
のったものもありますが、
多いのは トンカツです。

 

ゲンを担ぐ意味で食べられることもありますが、
そもそもとんかつ自体のカロリーが高いので、
全体的にカロリーは高いといえます。

 

そんなカツカレーのカロリーはどれくらいでしょうか。

 

カツカレーには様々なレシピがありますが、
以下のような材料でつくることもできます。

 

 

~カツカレー1食分~
【カレーライス】
ご飯:200g
にんじん:30g
玉ねぎ:40g
じゃがいも:30g
サラダ油:6g
ルウ:20g
水:120
【とんかつ】
豚肉:100g
小麦粉:9g
パン粉:9g
卵:9g
塩:0.5g
こしょう:0.3g
油:14g
※吸油率14%で計算


 

このような材料の場合、
それぞれの材料のカロリーは以下のようになります。

 
【カレーライス】
ご飯:336kcal
にんじん:11kcal
玉ねぎ:15kcal
じゃがいも:23kcal
サラダ油:55kcal
ルウ:102kcal
水:0kcal
【とんかつ】
豚肉:263kcal
小麦粉:33kcal
パン粉:34kcal
卵:14kcal
塩:0kcal
こしょう:1kcal
油:129kcal



1015kcal
 

よって、 カツカレー1食分(467.8g)程度で、
1015kcal 程度になります。

 

カツカレーは、
とんかつ+カレーライスの組み合わせですので、
カロリーは高くなります。

 

とんかつだけで1枚あたりのカロリーは
470kcal 程度になります。

 

カレーライス1食分では約 550kcal 相当です。
※肉なしの場合

 

なので、合わせると1000kcalは超えてしまい
高カロリーな食品となります。

 

また今回はご飯の量を200gで計算していますが、
ご飯200gだけで336kcalとなります。

 

ご飯の量は少ないほど、
カロリー摂取量は少なくなります。

Sponsored Link

カツカレーの糖質量はどれくらい?

では、カツカレーの糖質量はどれくらいでしょうか。

4efce5bad950ce5891fc0d112bbcc032_s

 

基本的に糖質は、
糖質=炭水化物量-食物繊維量
で計算することができます。

 

ですので、カツカレーの糖質量も同じように計算することができます。

 

上記のような材料の場合、
カツカレー1食分の栄養成分は以下のようになります。

 

炭水化物量 107.5g
食物繊維量 3.7g


糖質 103.8g

 

よってカツカレー1食分(587.8g)程度の糖質量は
103.8g
となります。

 

なので、カツカレーは1食で100gオーバーとなるので、
糖質量の多い食品であるといえます。

 

なぜ、そんなに糖質量が多いのかというと、
そもそもご飯200gあたりの糖質量が 73.6g であり、
7割を占めています。

 

その他、
野菜に含まれる糖質量、カレールウ、
そしてとんかつに使われる小麦粉やパン粉など、
すべての材料を合わせると
100g近くなります。

 

上記のような材料の場合ですと、
カレーのみで 91.5g
とんかつのみで 12.3g
という計算になります。

 

カレーに含まれるじゃがいもや人参、玉ねぎは
意外と糖質も含まれます。

 

糖質制限をしているという方は、
ご飯の量を減らしたり、
糖質量の少ない米を食べるなどの工夫があると
良いかと思います。


カツカレー大盛りでは?

では、大盛りの場合は、カロリーや糖質量はどれくらいになるでしょうか。

a9139add24a15490ef9e22a741bc6d8f_s

 

カツカレーは、基本的にカロリーの高い
食品であるといえますが、
ご飯を大盛りにすると、さらにカロリーは+されます。

 

ですので、カツカレーを食べる際は
ご飯の量も調整しないといけません。

 

上記のようにカレーを作った場合、
分類すると・・・
ご飯(200g): 336kcal
ルー: 206kcal
とんかつ: 473kcal


となります。

 

なので、ご飯の量を変えると、カツカレー
1食分のカロリーは以下のように変化します。

 

ごはん100g: 847kcal
ごはん150g: 931kcal
ごはん250g: 1099kcal
ごはん300g: 1183kcal
ごはん350g: 1267kcal


このようになります。

 

ご飯大盛りの目安は、
300g・350gの量です。

 

ご飯の量が増えるだけで、
かなりカロリーは高くなります。

 

ちなみに、管理人がお弁当屋でバイトしていたときの
大盛りは350gでした。

 

大盛りにするだけで、250kcalほどカロリーが
UPするのです。

 

 

大盛りにすると糖質量はどうなる?

では、糖質量はどうなるのでしょうか。

 

上記のようにカレーを作った場合、
分類すると・・・
ご飯(200g): 73.6g
ルー: 17.9g
とんかつ: 12.3g


となります。

 

なので、ご飯の量を変えると、カツカレー
1食分の糖質量は以下のように変化します。

 

ごはん100g: 67g
ごはん150g: 85.4g
ごはん250g: 122.2g
ごはん300g: 130.6g
ごはん350g: 159g


このようになります。

 

糖質制限をしている方でしたら、
いかにこの数字が多いかわかるかと・・・

 

カツカレーは大盛りにすると、
糖質量がすごいことになりますので、
注意が必要です。

 

 

カツカレーで太ることはある?

では、カツカレーで太るということは
あるでしょうか。

5255662d7b4ef28e24f5825c0bc4ee86_s

 

カツカレーは1食分で 1000kcal 程度になるので、
高カロリーです。

 

ですので、 ダイエットには不向きであると
いえます。

 

成人男性の消費カロリーは2000kcal~ですので、
カツカレーを1食分たべてしまうと、
1日の摂取カロリーの半分を摂取することになります。

 

また男性は大盛りにしてしまうこともあるかと思いますが、
そうすると、カツカレーだけで1200kcal程度
摂取することになります。

 

ダイエット中であれば、
カレーだけにする、とんかつだけにするなど
1食では分けた方が賢明です。

 

 

糖質面でみると…?

カツカレー1食分の糖質量は 100g を超えます。

 

なので、カツカレーは糖質量が多い食品といえますし、
糖質制限をしている方には向かない食品です。

 

白米ごはん200gをだけでカツカレーの7割を
占めるので、
どうしても食べたいという方は、
ご飯の量をかなり少なくして、ルーととんかつだけ
食べる方法です。

 

ご飯抜きにするだけで、
糖質の摂取量は30g程度になりますよ。

 

それだけお米は糖質量が多いのです。

 

とんかつだけだと、糖質量は10g程度ですので、
メインのおかずとしては許容範囲内です。

 

むしろ分けて食べてしまった方が、
糖質制限中は良いです。

 

 

まとめ

今回は、カツカレーのカロリーや糖質量をテーマにして
まとめてみました。

 

カツカレーはカロリーが高いですし、
そして糖質量も多いです。

 

ですのでダイエット中の方には不向きであると
いえます。

 

一緒に食べると、カロリーオーバーですので
摂取カロリーでみると、
分けて食べた方が良いです。

 

★こちらの記事もどうぞ
ドライカレーのカロリーや糖質量は?

Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ