ししゃも(子持ちししゃも)のカロリーや糖質量は?

Sponsored Link

今日は、ししゃものカロリーや糖質量をテーマにしていきたいと思います^^

 

ししゃものカロリーや糖質量はどれくらいでしょうか。

 

ししゃもについてまとめていきます。

1e66bf358efc9c78b5c94a12e7e34f68_s

 

ししゃものカロリーはどれくらい?

ししゃもは、骨が柔らかいので、骨ごと
食べることができる魚です。

 

一般に塩焼きやフライ、天ぷらなどにして
食べられています。

 

ししゃもには、
国産の 「本ししゃも」の他に
輸入されている 「からふとししゃも」(別名:カペリン)
があります。

 

ししゃものカロリーはどれくらいでしょうか。

 

食品成分表(7訂)をもとにすると、
ししゃも100gあたりの栄養成分は以下のようになります。

 

なお、食品成分表に記載されているものは
すべて「子持ちししゃも」です。

ac0b401df06a71e07c5bcf1b5a61fe06_s

~ししゃも(本ししゃも)~
エネルギー:166kcal
水分:67.6g
タンパク質:21.0g
脂質:8.1g
炭水化物:0.2g
食物繊維:0.0g
 

~ししゃも(輸入:からふとししゃも)~
エネルギー:177kcal
水分:69.3g
タンパク質:15.6g
脂質:11.6g
炭水化物:0.5g
食物繊維:0.0g
 

このようになっています。

 

ですので、ししゃもの種類によって
カロリーは多少変わってきます。

 

本ししゃも: 166kcal
からふとししゃも: 177kcal


 

と多少カロリーは違いますが、
一般に多く流通しているのは、輸入のからふとししゃもです。

 

データは子持ちししゃものものですので、
脂質量が多く、
魚の中では少しだけカロリーは高い方です。

 

参考までに他のししゃものカロリーは以下のようになります。
100gあたり(kcal)
あじ 126
穴子 161
いわし 169
うなぎ 255
かつお 114
138
さば 247
ひらめ 126
ぶり 257
まぐろ 108
45ebbdf8a0296bd9e8f4b0102514d45c_s

 

一般に脂質の含有量が少ない魚は、
100gあたりでも100kcal程度で
カロリーは低いです。

 

ししゃもの場合は、100g中10%ほど
脂質を含んでいるので、カロリーは少し高めです。

 

ししゃもよりも脂質含有量の多い、
鰻やブリの方がカロリーは高いといえます。

 

 

ししゃも一匹あたりのカロリーはどれくらい?

ししゃも1匹あたりの重量は 20g程度です。

 

本ししゃもの廃棄率は10%ですので、
ししゃも1匹あたりの可食部は
18gとなります。

 

よって
本ししゃも:18g
からふとししゃも:20g


 

が1匹あたりの可食部になるので
それぞれのカロリーは以下のようになります。

 

本ししゃも: 30kcal
からふとししゃも: 35kcal


となります。

 

ししゃもは、1尾あたりの重量が軽いので、
1尾丸ごと食べても摂取カロリーは
30kcal程度になります。

 

1尾あたりで換算すると、
他の魚よりもカロリーは低いといえます。

 

ただ1尾あたりが軽いのでカロリーは低いですが、
同じ重量を食べれば、
カロリーはマグロやアジよりも
カロリー摂取量は多くなります。

Sponsored Link

ししゃもの糖質量はどれくらい?

では、ししゃもの糖質量はどれくらいでしょうか。

41960fa7877eee932f266d2ce612238f_s

 

基本的に糖質は、
糖質=炭水化物量-食物繊維量
で計算することができます。

 

ですので、ししゃもの糖質量も同じように計算することができます。

 

食品成分表(7訂)をもとにすると、
ししゃも100gあたりの糖質量は以下のようになります。

 

~本ししゃも~
糖質=炭水化物量-食物繊維量=0.2‐0.0=0.2g


~からふとししゃも~
糖質=炭水化物量-食物繊維量=0.5‐0.0=0.5g


 

よってししゃも100gあたりの糖質量は
本ししゃも: 0.2g
からふとししゃも: 0.5g
となります。

 

「本ししゃも」「からふとししゃも」は
いずれにしろ糖質量が少ないといえます。

 

一般に多く出回っているししゃもは、
からふとししゃもですので、
多少糖質量は含んでいるといえます。

 

基本的に魚や肉類は、炭水化物量が少なく
糖質量がほとんど含まれていないので、
糖質制限にも向いています

 

基本的に他の魚類も100gあたりの糖質量は、
1g未満です。

 

また 1尾あたりの糖質量は以下のようになります。
本ししゃも:0.0g
からふとししゃも:0.1g

※本ししゃもは100gあたりの糖質量が0.2g
ですので、
1尾あたりでは0.05g未満であり四捨五入で0gとなります。

 

ただ調理法によって糖質量は変わってくるので注意が
必要です。

 

 

ししゃもの糖質量を少なくする調理法

ししゃもは、刺身ではなく焼いて食べることが
多い魚です。

 

焼いたり、フライにしたりと様々な調理法がありますが、
調理法によっては糖質量が多いです。

 

「焼くだけ」であれば、
調味料は使わないので、
糖質量は低いままです。

 

「フライ」「天ぷら」などの調理法の場合は、
多少ですが、
糖質量は多くなります。

02b5c443df062a52532d7ba4ac242f11_s

 

材料によって多少変化しますが、
ししゃも100gあたりの糖質量は0.2~0.5gですが、
天ぷらにすることで、
1尾あたりの糖質量が3g程度になります。

 

ですので糖質制限をしている方は、
焼いて食べるだけの方が糖質の
摂取量は少なくなります。

 

 

ししゃもの栄養は?

ではカロリーはちょっと高めのししゃもですが、
どのような栄養が含まれているのでしょうか。

dd516bd1f4fe25e83063553a30d0851f_s

 

ししゃもにはタンパク質の他に
・カルシウム
・ビタミンB2
・ビタミンB12
・DHA
・EPA
などの栄養素が含まれています。

 

「カルシウム」は、魚やチーズなどの乳製品に
多く含まれている栄養素ですが、
骨の健康維持に必要です。

骨と歯を丈夫にする他、不足すると
骨粗しょう症を起こすことがあります。

 

カルシウムの1日の推奨量が多く、
成人女性の目標量を摂取するためには、
ししゃも9~10本を食べる必要があります。

ししゃも以外に魚の中でもカルシウムが多いのは、
桜エビ、しらす、あゆ、いわしなどの魚です。

86b73ac8ebfc926d2de3acbab4fa00f0_s

 

「ビタミンB2」は、糖質・タンパク質・脂質の代謝に
関わるビタミンです。

代謝に関わるのでダイエット中の方も
必要なビタミンです。

 

「ビタミンB12」は、葉酸とともにヘモグロビンの形成に
関わるビタミンで、悪性貧血の予防になります。

 

「DHA」は、悪玉コレステロールを減らし、
脳や神経の機能を向上してくれる働きがあります。

 

「EPA」は、血液中の中性脂肪やコレステロールを減らし、
血液をサラサラにしてくれる作用があります。

 

ですので、ししゃもには、不飽和脂肪酸が豊富で
動脈硬化などの生活習慣病の予防にも役立ちます。

 

 

ししゃもで太ることはある?

ではししゃもで太ることはあるのでしょうか。

8051d1bd3f7b35611b31c06b2180d1fe_s

 

ししゃもは100gあたりで 170kcal 程度
になります。

 

ですので、魚類の中では少しカロリーが
高い部類です。

 

もちろんししゃもよりカロリーが高い魚も
多いです。

 

100gあたりで換算すると、少しカロリーは高いですが、
ししゃもは1尾あたりの重量がかなり少ないために、
1尾あたりのカロリーは30kcal程度です。

 

ですので、ししゃもを焼いて数尾分食べる
程度であれば問題ないです。

 

ししゃもは、フライや天ぷらにして食べることも
多いですが、揚げ物にすると、
多少カロリーは高くなります。

 

ダイエット中であれば、
生干ししたししゃもを焼いて食べた方が
良いです。

 

 

糖質面でみると・・・?

ししゃも100gあたりの糖質量は、
品種にもよりますが、 0.2~0.5g 程度です。

 

ですので、糖質量が少ないといえます。

 

糖質制限をしている方も
問題なく食べられます。

 

カロリー同様に、天ぷらやフライにしてしまうと
糖質量が多くなってしまうので、
糖質制限をしている方は、
焼いたししゃもを食べるのが良いかと思います。

 

ししゃもは、子持ちのものも多く、
腹持ちも良いです。

 

大容量がお得です


まとめ

今回は、ししゃものカロリーや糖質量をテーマにして
まとめてみました。

 

ししゃもは、100gあたりで170kcal程度ですので、
魚の中では少しカロリーは高い方です。

 

ただ魚類ですので、
糖質量は少ないです。

 

おかずにして食べるのであれば、
フライなどの揚げ物よりも
焼いただけの方が、低カロリーで
低糖質になります。

 

★こちらの記事もどうぞ
鮎のカロリー・糖質量は?塩焼きや甘露煮では?

Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ