リブロースのカロリーや糖質はどれくらい?

Sponsored Link

今日は、リブロースのカロリーや糖質をテーマにしていきたいと思います^^

 

リブロースのカロリーや糖質はどれくらいでしょうか。

 

リブロースについてまとめていきます。

ba5b8dc2128d08223777b9e54c5e58f9_s

 

リブロースのカロリーはどれくらい?

リブロースは、お肉の部位の一種であり、
肋骨の背中側の部位を指しています。

 

そんなリブロースは、肉質のきめが細かく、
柔らかくて旨みがあるのが特徴です。

946999

 

すき焼きやしゃぶしゃぶ、ローストビーフなど
様々な料理にも活用される部位となります。

 

牛肉の部位の中でも脂質が多く、
霜降りが入りやすい部位であるといえます。

 

そんなリブロースのカロリーはどれくらいでしょうか。

 

食品成分表をもとにすると、
リブロース100gあたりの栄養成分は以下のようになります。
※和牛

 

~リブロース・生(和牛)~
エネルギー:573kcal
水分:34.5g
タンパク質:9.7g
脂質:56.5g
炭水化物:0.1g
食物繊維:0.0g
 

~リブロース・焼き(和牛)~
エネルギー:597kcal
水分:27.7g
タンパク質:14.6g
脂質:56.8g
炭水化物:0.2g
食物繊維:0.0g
 

このようになっています。

 

ですので、リブロース100gのカロリーは、
生で 573kcal
焼いたもので 597kcal

です。

 

生と焼いたものではあまりカロリーが変わらない?
と一見思いますが、

実際、 生のお肉を焼いた場合、
脂が流出するので、カロリーは低くなります


 

その分水分も流出するので、
重量が変化します。

c22a33208a4aa5d9550261b01cab0a74_s

 

100gのお肉を焼くと、重量が70g程度になるので、
カロリーは焼いたリブロース70g分

 

つまり
418kcal 程度になります。

 

計算上、焼くことでカロリーオフになります。

 

ステーキの重量を150g・200g・250g・300g
とすると、
焼いたもののカロリーは以下のようになります。

150g: 896kcal
200g: 1194kcal
250g: 1493kcal
300g: 1791kcal


このようになります。

 

和牛のステーキを300gも食べるということは
あまりないと思いますが、
300gほど食べるとステーキ1枚で2000kcal近く
摂取することになります。

 

 

スポンサーリンク



輸入牛のリブロースのカロリーはどれくらい?

和牛と輸入牛では、脂身の量が違うので、
カロリーが変わってきます。

 

和牛と輸入牛ではどれくらいカロリーに
違いがあるのでしょうか。

 

輸入牛のリブロース(焼き)
100gあたりの栄養成分は以下のようになります。
エネルギー:332kcal
水分:49.8g
タンパク質:25.0g
脂質:23.9g
炭水化物:0.3g
食物繊維:0.0g
 

よって、輸入牛肉の場合は、
100gで 332kcal となります。

 

和牛の場合は、100gあたりで
597kcalですので、
輸入牛肉の方がカロリーは低い ということになります。

 

100gあたりで250kcalほどカロリーに差がありますが、
これは脂質量の差です。

 

和牛は柔らかい食感がありますが、
これは脂質が多いためで
逆に輸入牛の方がかたいのは、脂質が少なく
タンパク質が多いためです。

 

輸入牛の方が手軽に購入できますし、
低カロリーなので、ダイエット向きといえますね。

 

カロリーを気にする方は、
和牛よりも輸入牛の方がおススメです。

 

1枚あたりで換算すると
150g: 498kcal
200g: 664kcal
250g: 830kcal
300g: 996kcal


 

300gほどのリブロースを食べると、
摂取カロリーは1000kcal近くなります。

 

和牛よりもカロリーは少ないですが、
摂取カロリーは高くなるので注意が必要です。


スポンサーリンク



リブロースの糖質はどれくらい?

では、リブロースの糖質はどれくらいでしょうか。

5e252a71e77dcd3de0c21ed5c7d14330_s

 

基本的に糖質は、
糖質=炭水化物-食物繊維量
で計算することができます。

 

ですので、リブロースの糖質も同じように計算することができます。

 

食品成分表をもとにすると、
リブロース100gあたりの糖質量は以下のようになります。

 

糖質=炭水化物量-食物繊維量=0.1-0.0=0.1g

 

よって、リブロース100gあたりの糖質量は
0.1g
となります。

 

100gあたりの糖質量が0.1gですので、
糖質量はかなり少ない です。

 

なので、糖質制限をしている方も、
リブロースを食べても問題ありません。

 

ただ、ステーキといえば、
ライスやパンなどがセットでついてきますが、
これらは糖質が多いです。

 

白米ごはん1杯(150g)で
55.2g

c8e39682482d4d43394f6720c7177710_s

 

バターロールパン2個(60g)で
28g

もの糖質を含みます。

 

ですので、ステーキ自体は糖質量が少ないのですが、
ご飯やパンも一緒に食べると、
多く糖質を摂りすぎてしまうこともあるので
注意が必要です。

 

 

リブロースで太ることはある?

一般にリブロースで食べるのは、
和牛ではなく、輸入牛の方が多いかと思います。

b2262a0358fb21dbc6884b4e6e68b032_s

 

輸入牛の場合は、100gあたりで300kcal程度ですが、
和牛の場合は、500kcalを超え、600kcal
近いカロリーを摂取することになります。

 

ステーキは一度に200g程度ペロリと食べれてしまうので、
そうすると、
輸入牛の場合でも、お肉だけで 700kcal 程度摂取することに
なります。

 

お肉だけですと、許容範囲内ですが、
ご飯も食べると、 1000kcal 近くなるので注意が必要です。

 

お昼にがっつりステーキを食べるのであれば、
朝や夕飯で調整すると良いかと思います。

 

 

糖質面でみると・・・?

リブロースは100gあたりで糖質量は 0.1g
ですので、糖質制限中でも問題ないといえます。

 

またステーキのソースをかけて食べると思いますが、
ステーキのソースにも糖質は含まれますが、
そこまで糖質含有量は多くないです。

 

なので、糖質制限中の方が注意すべきなのは、
ご飯やパンなどの炭水化物の多い主食です。

 

これらを食べると、
一気に糖質摂取量が多くなるので注意してください。

 

管理人がたくさん食べても太らなかった方法を紹介


まとめ

今回は、リブロースのカロリーや糖質をテーマにして
まとめてみました。

 

リブロースは、和牛の場合ですと、
100gあたりで600kcal程度もあり、
食材の中でもかなり高カロリーであるといえます。

 

輸入牛の方が、脂質は少なくカロリーは
低いです。

 

一般に多く目にするのは、
和牛ではなく、輸入牛の方であるといえます。

 

ただ、リブロースは牛肉の部位であり、
ステーキにしても糖質摂取量は少ないです。

 

★こちらの記事もどうぞ
サーロインのカロリーや糖質はどれくらい?


↓↓↓

■断食しても痩せられなかった
■糖質制限ダイエットがつらい…
■置き換えダイエットは続かない
■炭水化物がやめられない
■デートのために痩せたい

そんなあなたに
↓↓↓
私が好きなものを食べてビールをたくさん飲んでも痩せた方法!


Sponsored Link


こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ