牛肩ロースのカロリーや糖質はどれくらい?

Sponsored Link

今日は、牛肩ロースのカロリーや糖質をテーマにしていきたいと思います^^

 

牛肩ロースのカロリーや糖質はどれくらいでしょうか。

 

牛肩ロースについてまとめてみます。

be43d0e44b8aeaf982c00f5940acbef8_s

 

牛肩ロースのカロリーはどれくらい?

牛肩ロースは、牛肉のロースの一種です。

 

牛肉の肩にあるロース肉であり、
脂肪も含んでいるために、霜降りもできます。

 

ロースには主に、肩ロース、リブロース、サーロインが
ありますが、
その中では筋が多いです。

946999

 

肉質は柔らかく、すき焼きやしゃぶしゃぶにも
おススメの部位となっています。

 

そんな牛肩ロースのカロリーはどれくらいでしょうか。

 

食品成分表をもとにすると、
牛肩ロース100gあたりの栄養成分は以下のようになります。

 

牛肩ロース生(和牛)
エネルギー:411kcal
水分:47.9g
タンパク質:13.8g
脂質:37.4g
炭水化物:0.2g
食物繊維:0.0g
 

このようになっています。

 

ですので、牛肩ロース100gあたりで
411kcal となります。

 

牛肩ロースを食べただけで、411kcalも摂取することになるので
カロリーは高いといえます。

 

ただロースの中では一番カロリーが低い部位であり、
その他の部位のカロリーは以下のようになります。

 

リブロース: 573kcal
サーロイン: 498kcal


となっています。

 

その他のロースはカロリーが高いので、
肩ロースが一番低カロリーではあります。

 

また食品成分表では、生の状態での成分値しか
記載されていませんが、
焼くことにより、多少脂が落ちるので
カロリーは低くなると考えられます。

 

リブロースなどのお肉の場合は、
焼くことにより、100g→70gに変化します。

 

水分だけではなく、脂質も流出するので
カロリーオフになります。

 

あまり焼きすぎるとかたくなってしまいますが、
網焼きなどで焼くことでカロリーは低くなります。

 

 

スポンサーリンク



輸入牛のカロリーは?

市場で多く流通しているのは、輸入牛かと思います。

 

輸入牛の場合はカロリーはどれくらいでしょうか。

 

食品成分表をもとにすると、
輸入牛100gあたりの栄養成分は以下のようになります。
エネルギー:240kcal
水分:63.8g
タンパク質:17.9g
脂質:17.4g
炭水化物:0.1g
食物繊維:0.0g
 

輸入牛にするだけで100gあたりのカロリーは
240kcal
となります。

 

和牛100gあたりのカロリーが411kcalでしたので、
輸入のお肉の方が150kcalも低い値となります。

 

輸入の牛肩ロースの方が安い値段で購入することができますが、
カロリーも低いといえます。

 

またタンパク質の含有量も輸入のお肉の方が多いです!

 

 

牛肩ロース1枚あたりのカロリーはどれくらい?

しゃぶしゃぶにも用いられる牛肩ロースですが、
1枚あたりのカロリーはどれくらいでしょうか。

285a2d358f2d7d03edcc452db72506c1_s

 

1枚あたりの重量は 約30gです。

 

ですので、1枚あたりのカロリーは以下のようになります。

 

和牛: 123kcal
輸入: 72kcal


このようになります。

 

つまり和牛の場合、1枚食べるだけで100kcalを
超えます。

 

輸入の牛肩ロースでも1枚70kcalを超えるので注意が必要です。


スポンサーリンク



牛肩ロースの糖質はどれくらい?

では牛肩ロースの糖質量はどれくらいでしょうか。

41c03291e2dc9abac7fc7334448f93b4_s

 

基本的に糖質は、
糖質=炭水化物量-食物繊維量
で計算することができます。

 

ですので牛肩ロースの糖質も同じように計算することができます。

 

食品成分表をもとにすると、
牛肩ロース100gあたりの糖質量は以下のようになります。

 

牛肩ロース和牛(生)
糖質=炭水化物量-食物繊維量=0.2‐0.0=0.2g


牛肩ロース輸入(生)
糖質=炭水化物量-食物繊維量=0.1‐0.0=0.1g


 

よって牛肩ロースの糖質は、
和牛: 0.2g
輸入牛: 0.1g


となります。

 

牛肩ロースは糖質量が少ないので、
糖質制限中の方が食べても問題ありません。

 

ただ、お肉自体は糖質量が少ないのですが、
すき焼きや焼き肉にした場合、糖質量が多くなることがあります。

 

すき焼きは味付けで砂糖を使うこともありますが、
砂糖大さじ1杯あたりの糖質量は8.9gです。

 

砂糖を使うだけでこれだけ糖質量が増えます。

 

焼肉の場合も、タレ大さじ1杯で4g以上の糖質を含みます。

 

タレを多くつけると、
それだけ糖質を摂取することになります。

 

またすき焼きや焼き肉を食べる際は、
ご飯を多く食べてしまいがちですが
白米1杯(150g)で 55.2g もの糖質を含んでいるので、
注意が必要です。

c8e39682482d4d43394f6720c7177710_s

 

牛肩ロースで太ることはある?

では牛肩ロースを食べて太るということはあるでしょうか。

f747913043cf41e1cc772290750b7c73_s

 

牛肩ロースは和牛の場合、
100gあたり 411kcal

輸入牛でも100gあたり 240kcal
です。

 

牛肉の部位の中でも高カロリーであり、
食べ過ぎるともちろん太るということになります。

 

ダイエット中であれば、タンパク質が豊富であり、
脂質量の少ない輸入牛の方がおススメです。

 

ダイエット中にタンパク質の摂取量が少なくなると、
筋肉量が減って代謝が悪くなることにつながりますので、
適量のタンパク質を摂取する必要があります。

 

女性であれば1日に40~50g程度です。

 

なのでダイエット中もタンパク質の多い、
肉や魚などは食べた方が良いです。

 

また食べ方としては、焼いて食べることで脂の摂取量が
少なくなります。

 

 

糖質面でみると・・・?

では糖質面でみるとどうでしょうか。

 

牛肩ロースの糖質は、100gあたりで 0.1~0.2g 程度と
糖質量も少ないです。

 

ですので、糖質制限向きの食材であるといえます。

 

ただ、牛肩ロースは100gあたりのカロリーが高いので、
糖質制限向きとはいっても、
食べ過ぎると太る原因となります。

 

和牛の場合1枚で100kcalを超えるので、
食べ過ぎればカロリー過多となります。

 

適量であれば、糖質制限中も問題ないですが、
ご飯など糖質を多く含むものにも注意が必要です。

 

 

まとめ

今回は、牛肩ロースのカロリーや糖質をテーマにして
まとめてみました。

 

牛肩ロースは、和牛の場合100gあたりで400kcal程度と
高カロリーです。

 

和牛よりは輸入牛の方がカロリーが低いです。

 

また糖質量は少ないですが、
カロリーが高いので食べ過ぎには注意が必要です。

 

★こちらの記事もどうぞ
サーロインのカロリーや糖質はどれくらい?


↓↓↓

■断食しても痩せられなかった
■糖質制限ダイエットがつらい…
■置き換えダイエットは続かない
■炭水化物がやめられない
■デートのために痩せたい

そんなあなたに
↓↓↓
私が好きなものを食べてビールをたくさん飲んでも痩せた方法!


Sponsored Link


こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ