牛ロースのカロリーや糖質はどれくらい?

Sponsored Link

今日は、牛ロースのカロリーや糖質量をテーマにしていきたいと思います^^

 

牛ロースのカロリーや糖質量はどれくらいになるでしょうか。

 

牛ロースについてまとめていきます。

f58182677d9707e138bc3cb08dbe60cb_s

 

牛ロースのカロリーはどれくらい?

牛ロースは、カルビと同様、
よく食べられている部位であるといえます。

 

カルビとロースがセットになって
食べられるお店もありますよね。

 

ロースというのは、 「背肉部位」を指しています。

 

主に、肩ロース、リブロース、サーロインの部位を指しています。

946999

 

肩ロースには、「ざぶとん」も含まれており、
焼き肉にされる他、
しゃぶしゃぶやすき焼きなどの肉にされます。

 

リブロースは、高級部位とされており、
ステーキにされることもあります。

 

サーロインも、リブロース同様にステーキにしても
食べられているお肉です。

 

これらを合わせてロースと呼びますが、
カロリーはどれくらいでしょうか。

 

食品成分表をもとにすると、
それぞれ100gあたりの栄養成分は以下のようになります。

 

ロースといっても、
さらに細かい部位によって分けられており、
ロース・上ロース・特上ロースの分け方はお店次第です。

 

肩ロース(筋多め)
エネルギー:411kcal
水分:47.9g
タンパク質:13.8g
脂質:37.4g
炭水化物:0.2g
食物繊維:0.0g
※かたロース 脂身つき
 

リブロース(霜降り)
エネルギー:573kcal
水分:34.5g
タンパク質:9.7g
脂質:56.5g
炭水化物:0.1g
食物繊維:0.0g
※リブロース 脂身つき
 

サーロイン(最高部位)
エネルギー:498kcal
水分:40.0g
タンパク質:11.7g
脂質:47.5g
炭水化物:0.3g
食物繊維:0.0g
※サーロイン 脂身付き
 

このようになっています。

 

つまり「ロース」と呼ばれている肉でも、
部位によってカロリーや成分には多少差があります。

 

まとめると、
肩ロース: 411kcal
リブロース: 573kcal
サーロイン: 498kcal


であり、肩ロースが最もカロリーが低くなります。

 

肩ロースは他の部位と比較すると、
少し筋は多めですが、
肉質は柔らかく、そして風味も良いです。

 

つまり、ロースと一言でいってもカロリーには
多少バラツキがあり
100gあたりで 410~570kcal 程度です。

30b3b69db182c546c8d5cb05519dbabf_s

 

牛肉の部位の中でも、カロリーは高いといえます。

 

なお、カルビ=バラ肉を指しています。

 

カルビも同様にカロリーは高いといえます。

 

★カルビに関してはこちらをどうぞ
牛カルビのカロリーや糖質はどれくらい?

 

また、ロースといっても和牛だけではなく、
輸入のお肉を提供していることもあると思います。

 

一般に 和牛ロースよりも輸入ロースの方が
カロリーが低くなります


 

輸入ロースのカロリーは以下のようになります。

肩ロース:240kcal
リブロース:231kcal
サーロイン:298kcal


 

輸入もののお肉の方が安く購入することができますし、
さらにカロリーは低いといえます。

 

なお、輸入もののお肉は和牛と比べると、
脂質の含有量が少ないために、
カロリーは低いといえます。

 

なので好みはあると思いますが、
和牛よりも 輸入もののお肉を注文した方が
摂取カロリーは低く
なります。

 

 

ロース1枚・1食分あたりのカロリーはどれくらい?

ロースは1枚あたり、1食分ではカロリーは
どれくらいになるでしょうか。

b38f51f5b42ce39a4652fdaa61c7d681_s

 

ロースのお肉1枚あたりの重量は 20g程度です。

 

ロース1食あたりはお肉が5枚ほど提供されるので、
1食分で100gが目安となります。

 

お肉だけで考えると、
1食分100gで400~570kcal=平均480kcalが目安となりますが、
実際はタレの分があります。

 

100gあたりに使うタレの量を大さじ1杯程度
を目安とすると

 

和牛ロース100g:480kcal
たれ17g:29kcal


509kcal
となります。

 

つまり1食分で 509kcal 程度になります。

 

1枚あたりで換算すると
101kcal 程度となります。

 

なお、ロースの場合は肉の脂質量によっても
カロリーが多少変わってきますので、
霜降りが多いお肉ほどカロリーは高くなります。

 

ただ、ロースは脂身が多い部分もあり、
焼くことで脂をカットし、
実際の摂取するカロリーはもっと少なくなります。

b30e01fc155b285c40f02404c31c11c4_s

 

摂取カロリーを低くしたい場合は、
よく焼いて食べてみてください。

 

また、輸入の牛肉の場合は脂質が少ないので、
1食あたりで 260kcal 程度です。

 

つまり1枚あたりでは 52kcal 程度になります。

 

輸入ロースは和牛ロースの半分程度のカロリーです。


スポンサーリンク



牛ロースの糖質はどれくらい?

では、牛ロースの糖質量はどれくらいでしょか。

be1468453e0122f4273636334aa090d3_s

 

基本的に糖質は、
糖質=炭水化物量-食物繊維量
で計算することができます。

 

ですので、牛ロースの糖質量も同じように計算することができます。

 

牛ロースは、
肩ロース・リブロース・サーロインがあげられますが、
それぞれの糖質量は以下のようになります。

 

肩ロース(100g)
糖質=炭水化物量-食物繊維量=0.2‐0.0=0.2g


 

リブロース(100g)
糖質=炭水化物量-食物繊維量=0.1‐0.0=0.1g


 

サーロイン(100g)
糖質=炭水化物量-食物繊維量=0.3‐0.0=0.3g


 

このようになっています。

 

ですので、牛ロース100gあたりの糖質は、
0.1~0.3g であり、
糖質量は多くありません。

 

ですので、牛ロースは糖質制限をしている方でも
食べることができる食材です。

 

輸入牛の糖質量は、
肩ロース100g: 0.1g
リブロース100g: 0.4g
サーロイン100g: 0.4g


となっています。

 

ですので、輸入牛の方が少しだけ糖質量は多いですが、
ほとんど変わらないといえます。

 

ですので、和牛ロースも輸入牛のロースも糖質量は
少ないのですが、食べ方では注意が必要です。

 

 

ロース1枚・1食分あたりの糖質はどれくらい?

和牛でも輸入牛でも基本的に糖質量は少ないです。

 

なので、その点は問題ないのですが、
注意が必要なのは「タレ」です。

692ea5a9456363b037805d84d022c502_s

 

牛肉自体には、糖質はほとんど含まれていませんが、
タレには糖質量が含まれています。

 

1食分100gあたりにタレ大さじ1杯程度をつけて食べると
糖質の摂取量は
5.6~5.8g
となります。

 

つまり、タレ大さじ1杯で糖質量は
5.5g
もあるのです。

 

タレの量が多ければ多いほど、
糖質摂取量はもっと多くなります。

 

ちなみに、1枚あたりで換算すると、
1.1g 程度の糖質量を摂取することになります。

 

ですので糖質制限中の方も、牛ロースを食べるときには
注意が必要です。

 

また焼き肉を食べるときは、
ついついご飯も食べてしまいがちですが、
ご飯はお茶碗1杯(150g)で 55.2g もの糖質を
含んでいます。

 

ですので、牛ロースを食べる際は、タレだけではなく、
ご飯の量にも注意してみてください。

ロースを我慢したくない方にはイヌリン!


スポンサーリンク



牛ロースで太るということはある?

牛ロースは、カルビよりカロリーが低い
というイメージがある方も多いと思いますが、
実際は、部位によってはカルビより高カロリーとなることも。

8ee31884e595634de861d89ad3a49ef7_s

 

リブロースの脂質量は54.4%であり、
カルビの脂質量の50%を上回ります。

 

なのでロースは、種類にもよりますが、
100gあたりで400~570kcalほどあるので、
カロリーの高い食材であるといえます。

 

もちろん食べ過ぎると カロリー過多 となります。

 

ダイエット中でもロースを食べたい!
という方は、

・タレを少なくする
・レモン汁にかえる
・よく焼く


ことでもカロリーを減らせます。

 

タレ大さじ1杯で30kcal程度あるので
つけすぎると高カロリーとなります。

 

また焼き肉にする場合は、
よく焼くことで脂が落ち、
カロリーオフとなります。

 

 

糖質面でみると・・・?

では糖質面でみるとどうでしょうか。

 

ロースの糖質量は100gあたりで
0.1~0.3g程度と少ないのですが、
問題は 「タレ」です。

 

お肉自体は糖質が少ないのですが、
タレをかけることで糖質量がUPします。

 

タレ大さじ1杯で5.5gもの糖質を含みます。

 

ですので糖質制限中にロースが食べたいという場合は、
タレを少なくしたり、塩で食べるなどの
糖質が増えない食べ方をすると良いです。

 

 

まとめ

今回は、牛ロースのカロリーや糖質量をテーマにして
まとめてみました。

 

牛ロースは、100gあたりで400~570kcal
程度とカロリーが高いです。

 

ロースにも種類がありますが、
霜降りの箇所が多いほど脂身が多く、
カロリーは高いので要注意です。

 

和牛よりは輸入牛の方が脂身が少なく、
低カロリーとなります。


↓↓↓

■断食しても痩せられなかった
■糖質制限ダイエットがつらい…
■置き換えダイエットは続かない
■炭水化物がやめられない
■デートのために痩せたい

そんなあなたに
↓↓↓
私が好きなものを食べてビールをたくさん飲んでも痩せた方法!


Sponsored Link


Line@

Line@登録で
私が60㎏⇒55㎏まで落とした方法をプレゼントします♪

友だち追加

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ