ベーコンのカロリーや糖質は?1枚・厚切りでは?

Sponsored Link

今日は、ベーコンのカロリーや糖質をテーマにしていきたいと思います^^

 

ベーコンは、豚のバラ肉を塩漬けにして燻製した加工食品です。

 

朝食時のベーコンエッグ、お弁当のアスパラベーコン
ブロックベーコンはおつまみにと、
使い方も様々でとても身近な食材ですよね。

 

しかし、その一方でベーコンのカロリーや
その栄養素が気になったことはありませんか?

 

今回はベーコンのカロリーや糖質についてまとめていきます。

7a17293e4e7d05e7d3c7d4db12b4c8fe_s


ベーコンのカロリーはどのくらい?

ベーコンというのは、ばら肉などを塩漬した後に、
長時間くん煙したものです。

 

ばら肉から燻煙したものを「ベーコン」
そしてロース肉を燻煙したものを「ロースベーコン」

肩肉を燻煙したものを「ショルダーベーコン」とそれぞれ
呼びます。

 

一般に、ばら肉から製造したものは脂質量が多くなっており、
カロリーも高いです。

 

食品成分表をもとにした
ベーコン100gあたりの栄養素は次のようになります。
エネルギー: 405kcal
タンパク質:12.9g
脂質:39.1g
炭水化物:0.3g
食物繊維:0.0g
 

このようになります。

 

よって、ベーコン100gあたりのカロリーは 405kcal となります。

 

参考までに、
ロースベーコン100gあたりで 211kcal
ショルダーベーコン100gあたりで 186kcal
となります。

 

脂質量が多いベーコンは、
他の種類と比べて 2倍近いカロリーを含んでいるということになります。

 

ベーコンのような豚肉の加工品というと
他に思い浮かぶのはウインナーやハムではないでしょうか。

8aa956e37c44255b5258716f06685f41_s

ここで、それぞれ100gあたりのカロリーと
ベーコンのカロリーを比較してみましょう。

 
ウインナー100gあたり  321kcal
ロースハム100gあたり  196kcal
 

脂分の多いベーコンは、
やはり 高カロリーだということが分かりますね。

 

ベーコン100gというとイメージしにくいかもしれません。

 

普段ベーコンを使う際には
スライスか厚切りの状態のものが多いのではと思います。
ここでそれぞれのカロリーを確認してみましょう。

 

 

ベーコン1枚・厚切りのカロリーはどれくらい?

0350e666648c4b49eeaa8db23435fc7c_s
スライスベーコン1枚約18g  73kcal
厚切りベーコン1枚約25g  101kcal
 

高カロリーなベーコンですが、
その脂分をカットする調理法を選べば
カロリーをコントロールすることもできます。

 

ダイエット時にオススメのベーコンの調理法については
この後の項目で触れていきますので
ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク



【ベーコンの糖質はどのくらい?】

基本的に糖質は
糖質=炭水化物量-食物繊維量
で計算することができます。

4edb097382ea213ac8d0fc49f20e4a90_s

 

ベーコン100gあたりの炭水化物量は0.3g、
食物繊維量は0.0gですから
ベーコンの糖質は 0.3g となりますね。

 

食材全体でみると、ベーコンの糖質量は少ないといえます。

 

ただ、ロースベーコンやショルダーベーコンの場合
100gあたりの糖質量は多くなります。

 

ロースベーコン: 3.2g
ショルダーベーコン: 2.5g


 

ばら肉のベーコンの方がカロリーは高いのですが、
ロースやショルダーベーコンの方が、
糖質量は多いのです。

 

ウインナー、ロースハムそれぞれ100gあたりの
糖質量は次のようになります。

 
ウインナー  3.0g
ハム  1.3g
 

豚肉の加工品の中でもベーコンは 糖質が低いため
糖質制限ダイエット向きの食材だと言えます。

 

しかし、やはりそのカロリーには注意が必要です。

 

成人男性の一食あたりの必要カロリーは
約850kcal とされています。
ベーコン100gあたりのカロリーが 405kcal なことを考えると
やはり食べすぎはすぐに
カロリーオーバーにつながってしまうことが分かります。

 

カロリーオーバーですと、せっかく糖質制限をしていても、
意味がなくなってしまいます。

 

糖質制限ダイエット時にベーコンを食べる際には
その量や調理法にも注意するようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク



【ベーコンの栄養素は?】

ベーコンには ビタミンB1 ビタミンC
多く含まれています。

 

ビタミンB1

ベーコンの原料である豚肉に多く含まれるビタミンB1には
体内に摂取した糖質の代謝を促進させる働きがあります。

 

ビタミンB1を意識的に摂取することは代謝の良い身体、
すなわち 太りにくい身体を作ることに役立ちます。

 

またビタミンB1は疲労回復にも効果があります。

 

ビタミンC

ビタミンCは、強い抗酸化作用をもつビタミンのひとつです。
動脈硬化や心疾患など、体内の不調を予防するだけでなく
皮膚や粘膜の健康維持にも役立ちます。

 

コラーゲンの生成にも大きく関わっており
肌や髪を健康的に保つ美容効果も期待できます。

 

また、 ストレスを感じる方にも
ビタミンCは欠かせない栄養素です。

 

人の体はストレスを感じると、
副腎からストレスに対抗するホルモンが分泌されるのですが
その際にはビタミンCが多く使われるのです。

 

疲労、喫煙、睡眠不足など
普段からストレスが気になる方は意識して
ビタミンCを摂取するようにしましょう。

 

そして、それら二つと共に注目したいのが
ベーコンの塩分量 です。

c52cd32b15aaa8f607ae579b403ef5e5_s

 

ベーコン100gあたりに含まれる塩分量は 2.0g となります。
これは一日に摂取する塩分量の目安の
約1/4にあたります。

 

塩分の過剰摂取は 高血圧 むくみにつながります。

 

他の料理から摂取する塩分量も考え、
ベーコンの食べすぎには注意しましょう。

 

 

【ベーコンは太る?】

前述したように、ベーコンは他の加工品と比べ
高カロリーな食材です。
その原因はベーコンの脂分の多さとなります。

755a8b83f054fd126f66be5c42fd2fdd_s

 

ベーコン100gあたりの脂質は 39.1g
一日の目安となる摂取量の 約60% となっています。

 

ダイエット時にベーコンを食べる際には
その脂分を落とす調理法を心がけましょう。

 

オススメは焼く、茹でるといった調理法です。

 

ベーコンは一度下茹ですることで
その脂分を落とすことができます。

 

同じように、ベーコンを焼く際には
ベーコンから出た油をふき取りながら調理しましょう。
加熱し溶け出た油を取り除くことで
ベーコンの脂分を減らすことができます。

be1

 

カリカリになったベーコンを乗せたサラダは
タンパク質とともに食物繊維が摂取できる
ダイエット時にオススメのメニューです。

 

e51aaaa44613de5686bebe5290e1b7e7_s

 

下茹でした厚切りベーコンと野菜を合わせれば
栄養バランスの整った食べ応えのあるスープができます。

 

カロリーオフを意識して調理することで
ダイエット時にもがまんせずベーコンを食べることができますね。

 

 

まとめ

今回は、ベーコンのカロリーや糖質をテーマにしてまとめてみました。

 

食卓にあがる機会の多いベーコン。
注意すべきはその 脂分 塩分となります。

 

しかし一方で、
手軽にタンパク質やビタミン類を摂取する事もできます。

 

これらを参考に、普段の食事に
上手にベーコンを取り入れてみてくださいね。

★こちらの記事もどうぞ
ウインナーのカロリーや糖質はどれくらい?1本では?


↓↓↓

■断食しても痩せられなかった
■糖質制限ダイエットがつらい…
■置き換えダイエットは続かない
■炭水化物がやめられない
■デートのために痩せたい

そんなあなたに
↓↓↓
私が好きなものを食べてビールをたくさん飲んでも痩せた方法!


Sponsored Link


こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ