今日は、ヒレカツのカロリーや糖質をテーマにしていきたいと思います^^

 

豚ヒレ肉に小麦粉、卵、パン粉をつけて
油で揚げた料理、ヒレカツ。

 

たっぷりのキャベツやごはんと一緒に食べると
とてもおいしいですよね。

 

今回はヒレカツのカロリーや糖質量、栄養素について
ご紹介していきたいと思います^^

5ed9d776b91b06b08eb0333009e04fe5_s

 

ヒレカツのカロリーはどのくらい?

赤身の豚ヒレ肉を使ったヒレカツ。
そのカロリーはどのくらいなのでしょうか?

 

食品成分表をもとにした
ヒレカツ100gあたりの栄養素は次のようになります。

エネルギー: 388kcal
タンパク質:25.1g
脂質:25.3g
炭水化物:14.9g
食物繊維:0.9g

 

トンカツといえば、ヒレカツのほかに
豚ロース肉を使ったロースカツもありますね。

 

ここでロースカツ100gあたりのカロリーと比べてみましょう。

エネルギー: 450kcal
タンパク質:22.0g
脂質:35.9g
炭水化物:9.8g
食物繊維:0.7g

 

脂身の多い豚ロース肉を使ったロースカツ。
やはり赤身の豚ヒレ肉を使ったヒレカツと比べると
カロリー、脂質とも多いことが分かります。

 

味の好みもありますが
ダイエット中にカロリーを気にする際には
やはりロースカツよりヒレカツを選ぶ方が良いと言えますね。

 

 

スポンサーリンク



ヒレカツの糖質はどのくらい?

基本的に糖質は
糖質=炭水化物量-食物繊維量
で計算することができます。

 

ヒレカツ100gの炭水化物量は14.9g、
食物繊維量は0.9gなので
糖質量は14g となります。

 

ヒレカツ1枚分、約130gで計算した場合
1枚あたりの糖質量 約18.2g となりますね。

cbbb040fd677c24e23d0fd62bab8fc00_s

 

 

生の豚ヒレ肉100gあたりの糖質量は 0.3g なのですが
小麦粉や卵を使い調理するヒレカツは
やはり糖質量が増えてしまいます。

 

また、ヒレカツを食べる際には
ご飯も一緒にいただく事が多いのではないでしょうか?

b9e9d3a8858b3a99f5ca05165e3aab3e_s

 

ご飯一膳(150g)あたりの糖質量は 約55g となります。

 

糖質制限ダイエットをしていれば、
それぞれの糖質量が気になるところ。

 

ヒレカツにご飯はとても良く合う組み合わせですが
その食べすぎには注意しましょう。

 

 

スポンサーリンク



ヒレカツの栄養素は?

ヒレカツの栄養素で注目したいのは、
ビタミンB1 ナイアシンです。

0d6659c558b5b955f443df526f8e8d23_s

 

それぞれヒレカツ100gあたり

ビタミンB1 1.09mg
ナイアシン 7.1mg

 

含まれています。
これは一日に必要な摂取量の 8~9割 に値します。

 

早速それぞれの栄養素の特徴について注目してみましょう。

 

ビタミンB1は、身体に取り入れた糖質をエネルギーに変換する
代謝作用に大きく関わるビタミンのひとつです。

 

肉体疲労時には豚肉を食べるのがいい
と聞いたことはありませんか?

 

これは、豚肉のビタミンB1を摂取することによって
糖質がエネルギーに変換され、
身体の中のエネルギー不足を補ってくれるからなのです。

 

糖質がエネルギーに効率よく変換されれば、
糖質が身体の中に脂肪となって溜まる事を防ぐこともできます。

 

ビタミンB1は、ダイエット中に積極的に取り入れたい
ビタミン類のひとつと言えますね。

 

ナイアシンはビタミンB1と同じ、ビタミン類の仲間です。
タンパク質、炭水化物、脂質など
身体の中の多くの栄養素の代謝を助ける働きがあります。

 

ビタミンB1のように、それらの栄養素をエネルギーへと変換してくれる他、
アルコールなど有毒物質の分解作用もあるため
ナイアシンを摂取することは二日酔い予防にも効果的です。

 

ナイアシンの不足は倦怠感やイライラ、
肌荒れなどにつながるので気を付けるようにしましょう。

 

 

ヒレカツは太る?

3552d2e7a376ec26ab85f374ea080392_s

 

ヒレカツには、体に必要な栄養素が含まれていることが分かりました。
ではヒレカツは食べても太らないのでしょうか?

 

ダイエット時には、やはり油で揚げるその調理法が気になるところです。

 

ここで、生の豚ヒレ肉と
ヒレカツの栄養素を比べてみることにしましょう。

 

調理していない豚ヒレ肉100gあたりの栄養素は
次のようになります。

エネルギー: 130kcal
タンパク質:22.2g
脂質:3.7g
炭水化物:0.3g
食物繊維:0.0g

 

ヒレカツ100gあたりのカロリーは 388kcal ですから、
衣を付け、油で揚げて調理することによって
カロリーが3倍近くになっていることが分かりますね。

 

脂質にいたっては3.7gから 25.3g
7倍近くまで増量しています。

 

ここで注目したいのが、
ヒレカツに添えられる 「キャベツの千切り」です。

9b48783fc46cfbbc963181d300cedb8a_s

 

キャベツに豊富に含まれる食物繊維には、
糖と脂肪をブロックする働きがあります。

 

また、キャベツに含まれるビタミンUは、
胃腸の粘膜を保護し、 消化吸収を助ける働きがあります。

 

糖質と脂肪が気になる際には、
このキャベツの千切りを最初に食べるようにしましょう!

 

そうする事で、
ヒレカツの糖質や脂肪の吸収を防ぐ事ができ、
油ものによる胃もたれを予防するだけでなく、
キャベツの満腹感により、その後の食べすぎを抑えることもできます。

 

ヒレカツに当たり前のように添えられていた
キャベツの千切りですが、
実は栄養素的にとても理にかなっている食材だったのですね。

 

また、ダイエット中に揚げ物を食べるならば、
夕食時より、その後のカロリー消費量が期待できる
昼食時がオススメです。

 

ダイエット中でもがっつりとトンカツが食べたい!

 

そんな時には、たっぷりのキャベツの千切りと共に
昼食時にヒレカツを楽しむようにしましょう。

 

 

もう嫌!
たぷたぷの二の腕…

寝ながら二の腕をリンパマッサージするだけで二の腕がすっきり!?

二の腕を細くした方法はこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ダイエット中には敬遠されがちなヒレカツですが、
我慢してばかりではストレスが溜まってしまいますよね。

 

その栄養素を活かしつつ、
太らない食べ方を意識しながら
ダイエット中にも揚げ物を楽しんでみてくださいね^^

★こちらの記事もどうぞ
牛すじのカロリーや糖質は高い?おでんにすると?