パプリカ【黄ピーマン】【赤ピーマン】のカロリーや糖質はどれくらい?

Sponsored Link

今日は、パプリカのカロリーや糖質をテーマにしていきたいと思います^^

 

パプリカのカロリーや糖質はどれくらいでしょうか。

 

パプリカについてまとめていきます。

0bdb25361676955bd7c41b99e9da6202_s

 

パプリカのカロリーや糖質はどれくらい?

一般に、赤ピーマン・黄ピーマンと呼ばれるのは、
緑ピーマンを完熟させたもので、
完熟果が赤いものが【 赤ピーマン 】(別名クイーンベル)
完熟果が黄色いものが【 黄ピーマン】(別名イエローベル)
となります。

 

黄色ピーマン・赤ピーマンは、
ビックピーマンジャンボピーマンパプリカとも
呼ばれています。

 

ピーマンと比較すると、
甘味が強く、サラダなどの生食にも向いています。

 

そしてビタミンやミネラルも豊富といえます。

 

そんな赤ピーマン・黄ピーマンですが、
カロリーはどれくらいでしょうか。

 

食品成分表をもとにすると、
それぞれ100gあたりの栄養成分は以下のようになっています。

 

~赤ピーマン~
エネルギー:30kcal
水分:91.1g
タンパク質:1.0g
脂質:0.2g
炭水化物:7.2g
食物繊維:1.6g
 

~黄ピーマン~
エネルギー:27kcal
水分:92.0g
タンパク質:0.8g
脂質:0.2g
炭水化物:6.6g
食物繊維:1.3g
このようになっています。

 

赤ピーマンも黄ピーマンも、
100gで30kcal程度です。

 

ちなみに青ピーマンは100gあたり22kcalです。

 

黄色や赤の方が、熟しているために、
炭水化物量が増え、
カロリーも高くなっています。

Sponsored Link

パプリカ1個あたりのカロリーはどれくらい?

では、パプリカ1個あたりのカロリーはどれくらい
でしょうか。

 

パプリカ赤1個あたりの重さは 140g 程度です。

 

赤パプリカの廃棄率は10%となっているので、
可食部は 126g となります。

 

よって1個あたりのカロリーは、
38kcal となります。

 

パプリカ黄1個あたりの重さは 130g 程度です。

 

黄パプリカの廃棄率は10%となっているので、
可食部は 117g となります。

 

よって1個あたりのカロリー
32kcal となります。

 

パプリカの糖質はどれくらい?

基本的に糖質は、
糖質=炭水化物量-食物繊維量
で計算することができます。

8c4ecd6fe47630adcfdf3d58daf94e6f_s

ですのでパプリカの糖質も同じように計算することができます。

 

赤パプリカ100gあたりの糖質は、
糖質=炭水化物量-食物繊維量=7.2-1.6=5.6g

 

よって、100gあたりで
5.6g
となります。

 

黄パプリカ100gあたりの糖質は、
糖質=炭水化物量-食物繊維量=6.6-1.3=5.3g

 

よって100gあたりで
5.3g
となります。

 

黄パプリカの方が、少量ですが、
糖質量は少ないといえます。

 

また 1個あたりの糖質は、
赤パプリカ: 7.1g
黄パプリカ: 6.2g


このようになっています。

 

野菜の中では、
少し糖質量は多い方であるといえますが、
1個で6~7g程度ですので、
そこまで気にするほどではないといえます。

 

パプリカはパウダーも販売されています♪



まとめ

今回は、パプリカのカロリーや糖質をテーマにして
まとめてみました。

 

パプリカの1個あたりのカロリーは、
30~40g

 

そして糖質量は6~7g
程度になっています。

 

野菜の中では糖質量は多い方であると
いえますが、
食べ過ぎなければ問題ないといえます^^

 

★こちらの記事もどうぞ
野菜の糖質はどれくらい?多いもの少ないものランキング

Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ