果物

果物の糖質はどれくらい?多いもの少ないものランキング

今日は、果物の糖質量をテーマにしていきたいと思います^^

 

果物の糖質量の多いもの・少ないものはどういったものでしょうか。

果物の種類によって少し糖質量は変わってきます。

 

そんな果物の糖質量をテーマにしてまとめていきます。

869e23c9d142db89c3476ac10596b794_s

 



果物の糖質量はどれくらい?

果物は、甘味があるものが多いので、
糖質量が多いといイメージがあると思います。

 

ですが、果物の種類によっては、
糖質量が少ないものも存在します。

 

そして糖質量が多いものもありますが、
ビタミンやミネラル類も豊富で、
お菓子類を食べるよりは、健康的です!

 

それでも糖質制限をしている方は気を付ける必要も
あると思うので、
多いもの・少ないものを見極めて
食べるようにしてください^^

 



果物の糖質・多いもの

100g中の糖質量が15g以上のもの

品目糖質量(g)
干し柿57.3
バナナ21.4
マンゴー15.5
ライチ15.5
ぶどう15.2

これらの果物は、100g中の糖質量が 15g を超える
多いものとなっています。

 

普段スーパーで販売されていますし、
果肉が柔らかく食べやすいものも多いですが、
糖質量は多いので、注意が必要です。

 

ですが、糖質量が多いために、
バナナは、スポーツをする前などで摂取する人も
いますよね^^

 

糖質が足りないというときは、
これらの果物を摂取すると良いかも
しれません。

 

他には、ドリアンやアケビも、15g以上の糖質量なのですが、
あまり常食するものでないので省きました。

100g中の糖質量が10g以上のもの

品目糖質量(g)
14.3
さくらんぼ14
りんご13.1
きんかん12.9
洋なし12.5
いちじく12.4
パイナップル11.9
みかん11.1
キウイフルーツ11
ネーブルオレンジ10.8
いよかん10.7
プルーン10.7
10.4

100g中の糖質量が10gを上回るものです。

 

頻繁に食べる方も多いと思いますが、
糖質量は少ないというわけではないので、
これらの果物も 食べ過ぎには注意が必要です。

 

甘くて食べやすい果物が多くランクインしている
といえます。

 

意外に酸味のある果物でも糖質量が多いものも
存在しています。

 

糖質制限をしている方は、
これらの果物にも注意が必要です。

 



果物の糖質・少ない

070decf6f665d065dbeef7cc70ca699e_s

以下の果物は、100gあたりの糖質量が少ないものです。

品目糖質量(g)
メロン9.9
ブルーベリー9.6
日向夏9.6
すいか9.2
グレープフルーツ9
バレンシアオレンジ9
びわ9
はっさく9
ネクタリン9
文旦8.9
8.9
ポンカン8.9
夏みかん8.8
レモン7.6
パパイヤ7.3
いちご7.1
まくわうり6.8
アボカド0.9

どちらかというと、
酸味のある果物もあります。

 

ですが、いちごメロンなど、甘味のある果物も
100g中の糖質量は10g以下と少なめといえます。

 

アボカドはサラダなどにもよく入っていますが、
分類上は果物であり、脂質量が多いので、カロリーは高いのですが、
糖質量はかなり少なくなっています。

 

野菜と比較すると、
糖質量は少なくはないですが、
これらの果物は、菓子類と比較すると、
甘味もあるのに、糖質量が少ないといえます。

 

ですので、ダイエット中にも甘いものが
食べたくなったら、
お菓子などではなく、
これらの果物を摂取すると良いでしょう^^

 

★こちらの記事もどうぞ
野菜の糖質はどれくらい?多いもの少ないものランキング

 

カロリーオフのジャムも♪

[br num=”1"]

まとめ

今回は、果物の糖質量をテーマにして
まとめてみました。

 

果物は甘味もあるので、
糖質量が多いイメージもあると思いますが、
糖質量が少ない果物も存在します。

 

ダイエット中でも、
糖質量の少ない果物を選べば
摂取することもできます^^

Sponsored Link