ベーキングパウダーのカロリーや糖質量は?大さじ1小さじ1では?

Sponsored Link

今日は、ベーキングパウダーのカロリーや糖質量をテーマにしていきたいと思います^^

 

ベーキングパウダーのカロリーや糖質量はどれくらいでしょうか。

また大さじ1杯、小さじ1杯ではどれくらい変化するのでしょう。

 

ベーキングパウダーについてまとめていきます。

6b294f4f4b148da14de37d3206ff3cb5_s

 

ベーキングパウダーのカロリーはどれくらい?

ベーキングパウダーは、ケーキなどの洋菓子に使われる膨張剤で、
膨らますのに役立ちます。

 

一方、パンの場合は、 ドライイーストを使用します。

 

そんなベーキングパウダーの仕組みとしては、
二酸化炭素を発生させて、膨張する仕組みであり、
加熱すると、ベーキングパウダー分の1/4程度の量が
二酸化炭素として放出されます。

 

では、ベーキングパウダーのカロリーはどれくらいでしょうか。

 

食品成分表をもとにすると、
ベーキングパウダー100gあたりの栄養成分は以下のようになります。

 
エネルギー:127kcal
水分:4.5g
タンパク質:0.0g
脂質:1.2g
炭水化物:29.0g
食物繊維:0.0g
※二酸化炭素量:23.5g
 

このようになっています。

 

ですので、ベーキングパウダー100gで
127kcal です。

 

100gと考えると、調味料の中では高カロリーですが、
実際使用する量は少ないので、
カロリーはもっと低くなります。

 

 

ベーキングパウダー大さじ1小さじ1のカロリーは?

ベーキングパウダーの使用量は、1回分では
スプーン1杯程度かと思います。

 

ベーキングパウダーの重量は以下のようになります。

 

大さじ1杯:12g
小さじ1杯:4g


 

ですので、それぞれのカロリーは

大さじ1杯: 15kcal
小さじ1杯: 5kcal


となります。

 

洋菓子を作る使用量であれば、
カロリーは気にするほどではないです。

Sponsored Link

ベーキングパウダーの糖質量はどれくらい?

基本的に糖質は、
糖質=炭水化物量-食物繊維量
で計算することができます。

 

ですが、ベーキングパウダーには 食物繊維量が含まれていないので、
そのまま炭水化物量が、糖質量となります。

 

ですので、ベーキングパウダー100gあたりの糖質量は
29.0g
となります。

 

また実際の使用量でみると糖質量は
大さじ1杯 3.9g
小さじ1杯 1.2g


となります。

 

非遺伝子組み換えアルミフリーのベーキングパウダー


まとめ

今回は、ベーキングパウダーのカロリーや糖質量をテーマにして
まとめてみました。

 

ベーキングパウダーは、実際の使用する量で換算すると、
カロリーは低いといえます。

 

また、最近では、ベーキングパウダーに含まれる微量のアルミニウム(ミョウバン)を
気にする方がいるため、
アルミニウムフリーのものも登場しています。

 

★こちらの記事もどうぞ
強力粉のカロリーや糖質量はどれくらい?薄力粉と比較すると?

Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ