今日は、恵方巻のカロリーや糖質量をテーマにしていきたいと思います^^

 

恵方巻のカロリーや糖質量はどれくらいでしょうか。

 

恵方巻についてまとめていきます。

ec98687ca2e4f890b7d784a4c735a00f_s

 

恵方巻のカロリーはどれくらい?

恵方巻は、節分に食べると縁起が良いとされる
太巻きです。

 

毎年、その年の恵方を向いて、恵方巻を無言で
食べると良いとされており、
無言で食べる間に願いごとを思い浮かべます。

 

かつては関西のみでの風習でしたが、
コンビニで恵方巻が販売されるようになってから
恵方巻を食べるという習慣が関東のほうでも
できるようになり、
今では様々な百貨店やスーパーでも販売されています。

 

そんな恵方巻のカロリーはどれくらいでしょうか。

 

恵方巻には様々な具材がありますが、
以下のような材料でつくることができます。

 

 

~恵方巻1人分~
米:65g
昆布だし:70g
酢:15g
砂糖:4.5g
塩:1g
【卵】
卵:60g
砂糖:4.5g
だし:20g
醤油:1.5g
カニカマ:30g
きゅうり:50g
リーフレタス:10g
ツナ:30g
マヨネーズ:12g
焼きのり:2g

 

カニカマやツナが入ったサラダ風の恵方巻は
上記のような材料でつくることができます。

 

それぞれの材料のカロリーは以下のようになります。

 

米:231kcal
昆布だし:3kcal
酢:4kcal
砂糖:17kcal
塩:0kcal
【卵】
卵:91kcal
砂糖:17kcal
だし:1kcal
醤油:1kcal
カニカマ:27kcal
きゅうり:7kcal
リーフレタス:2kcal
ツナ:21kcal
マヨネーズ:84kcal
焼きのり:4kcal



510kcal

 

よって 恵方巻1個(375.5g)程度
510kcal
となります。

 

お米だけで半分の 250kcal 程度になります。

 

具材によって多少カロリーは変わってきますが、
サラダ巻きのようにマヨネーズなどを使用するタイプは
少しカロリーが高くなります。

 

逆にシンプルに
卵・かんぴょう・シイタケ
のような具材の場合は、カロリーは低くなるといえます。

スポンサーリンク



恵方巻の糖質量はどれくらい?

では、恵方巻の糖質量はどれくらいでしょうか。

 

基本的に糖質量は、
糖質=炭水化物量-食物繊維量
で計算することができます。

 

上記のような材料の場合、
恵方巻1個あたりの栄養成分は以下のようになります。

 

 

炭水化物量 66.6g
食物繊維量 1.8g

糖質 64.8g

 

よって恵方巻1個(375.5g)程度で糖質量は、
64.8g
となります。

 

恵方巻の糖質量のほとんどの割合は、
白米が占めています。

 

白米は、お茶碗1杯分(150g)程度で
糖質量は 55.2g 程度と
糖質量は多いといえます。

 

糖質量カットの白米も♪


スポンサーリンク



まとめ

今回は、恵方巻のカロリーや糖質量をテーマにして
まとめてみました。

 

恵方巻は1本500~600kcal程度あるものもあり、
具材によってカロリーは変わってきます。

 

また、糖質量は基本的に白米の糖質量が多く占めますが、
白米は150gで55.2g程度の糖質量を含むので、
恵方巻自体の糖質量も多くなります。

 

★こちらの記事もどうぞ
煎り大豆【節分の豆】のカロリーや糖質量はどれくらい?