今日は、うな丼のカロリーや糖質量をテーマにしていきたいと思います^^

 

うな丼のカロリーや糖質量はどれくらいでしょうか。

 

うな丼についてまとめていきます。

9fdbc39f0bdcdfe88615b9b1c04b15cc_s

 

うな丼のカロリーはどれくらい?

うな丼とは、その名前の通り、
ご飯の上にタレをかけた鰻の蒲焼をのせたものです。

 

うな重との違いですが、
うな重の方がうな丼と比較してうなぎの質が良く、
高い傾向にあります。

 

またうな重の方がうな丼よりも枚数が多いこともあります。

 

土用の丑の日はうなぎの消費量も多いですが、
うな丼のカロリーはどれくらいになるのでしょうか。

 

うな丼には様々なレシピがありますが、
うな丼は以下のような材料でつくることができます。

 

~うな丼1食分~
ご飯:200g
うなぎの蒲焼(半身):80g
砂糖:9g
醤油:18g
みりん:18g

 

このような材料の場合、
それぞれの材料のカロリーは以下のようになります。

 

ご飯:336kcal
うなぎの蒲焼(半身):234kcal
砂糖:35kcal
醤油:13kcal
みりん:43kcal



661kcal

 

よって うな丼1食分(325g)程度
661kcal となります。

 

うな丼ではタレをかけるので、
カロリーはだいたい600~700kcal程度になります。

 

うなぎ100gあたりは 255kcal ですが、
蒲焼にすると水分が蒸発するため、脂質の占める割合が増え、
カロリーは高くなります。

 

蒲焼100gあたりでは 293kcal となります。

1583be1de920542f40ede7eb2b16a206_s

 

脂質量が多い鰻は、他の魚介類と比較しても
カロリーは高い方であるといえます。

 

良く食べられているマグロでも
100gあたりで120~150kcal程度です。

 

スタミナがつくといわれている鰻ですが、
ビタミンAや代謝に関わるビタミンB群などが
多く含まれています。

 

その他、不飽和脂肪酸も多く含みます。

スポンサーリンク



うな丼の糖質量はどれくらい?

では、うな丼の糖質量はどれくらいでしょうか。

c1fb16028f36d0f655ecd8d0f107f9d6_s

 

基本的に糖質は、
糖質=炭水化物量-食物繊維量
で計算することができます。

 

ですので、うな丼の糖質量も同じように計算することができます。

 

上記のような材料の場合、
うな丼1食分の栄養成分は以下のようになります。

 

炭水化物量 95.2g
食物繊維量 0.6g

糖質 94.6g

 

よってうな丼の糖質量は1食分(325g)程度で
94.6g
となります。

 

うな丼は糖質量が多いといえます。

 

というのも、うな丼はご飯を多く使用するために
糖質量が多くなりますが、
その他、うな丼に使うタレも糖質量は多いといえます。

 

うな丼のご飯の量は今回200gで計算していますが、
ご飯200gあたりの糖質量は 73.6g
となります。

 

うな丼に関してはご飯の量が多くなる可能性がありますが、
そうするとさらに糖質量は多くなると考えられます。

 

白米200gで 73.6g
白米250gでは 92.0g となります。

c8e39682482d4d43394f6720c7177710_s

 

うな重の場合、白米が250g程度になることもありますが、
そうすると一食当たりの糖質量は
100gを超えることになります。

 

またタレでは砂糖やみりんを使用しますが、
これらの調味料は、糖質量が多い部類に入ります。

 

今回は1人分として
砂糖、みりんを大さじ1/2量で計算していますが、
それぞれの糖質量は以下のようになります。

 

砂糖:8.9g
みりん:7.8g
醤油:1.8g

 

タレだけでも糖質量は 18.5g
となります。

 

鰻の蒲焼き自体の糖質量は2.5gです。

 

 

スポンサーリンク



うな丼で太ることも?

ではうな丼で太るということはあるのでしょうか。

cf5e8999b65d13c212f6dfb5db9f7aea_s

 

うな丼のカロリーはご飯200gで 661kcal です。

 

カロリーは高いですが、
うな丼だけを食べる場合であれば
許容範囲です。

 

活動量の少ない成人男性の1日の消費カロリーは
2000kcal程度とされており、
1食あたり600~700kcal程度に抑えておけば、
問題ありません。

 

女性の場合は、他の食事で調整すれば問題ないです。

 

ただ、うな丼は提供するお店によっては
ご飯の量が200g以上のところもあります。

 

並盛はお弁当屋さんでは一般に250g、
大盛りは一般に300~350gです。

 

並盛だと 700kcalオーバー
そして大盛りの場合は 900kcalオーバーとなるので
外食の際は注意が必要です。

 

糖質面でみると…?

うな丼は糖質面でみるとどうでしょうか。

 

1食分で糖質量は 95g 程度です。

 

かなり糖質量は多いといえます。

 

とはいえ、うなぎ自体は糖質量が多くはないです。

 

鰻自体は100gあたり0.3gという数値ですが、
砂糖や醤油をつけて蒲焼にすると、
糖質量は100gあたり 3.1g となります。

 

糖質量が多いのは
主にタレとご飯です。

 

白米200gあたりで糖質量は73.6gで、
それ以上になるともっと糖質量は多いです。

 

ご飯の量によってはうな丼の糖質量は
100gを超えます。

 

よってうな丼は糖質制限中は不向きです。

 

また鰻のかば焼きにかける甘めのタレも
糖質量は多いです。

 

なのでうな丼を糖質制限中でも食べたいという方は
・ご飯の量を少なくする
・糖質量の少ないご飯を食べる
・タレを控える

などの対策が必要です。

9fdbc39f0bdcdfe88615b9b1c04b15cc_s

 

ご飯の量を減らすことによって糖質量は抑えることができます。

 

例えば150gにすると糖質量は 55.2 g、
そして100gにすると糖質量 36.8g です。

ご飯の量を減らせばうな丼自体の糖質量もぐっと抑えられます。

 

どうしてもご飯も食べたいという方は、
糖質量の少ないご飯もおススメです。



また、ご飯と相性の良いタレですが、
使用する量を半分にすれば、糖質摂取量も少なくなります。

 

糖質制限中でもうな丼を食べたいという方は、
こういった対策をすることで、
少しでも糖質量を減らすことができます。

 

 

まとめ

今回はうな丼のカロリーや糖質量をテーマにして
まとめてみました。

 

うな丼はご飯の量によってもカロリーは変わってきますが、
1食で660kcal程度です。

 

ですので結構高カロリーです。

 

ご飯の量が多いと、
カロリーも高くなりますし、糖質量も多くなります。

 

またご飯の相性の良い鰻のタレですが、
実は砂糖やみりんから作られるので、
こちらも糖質量が多いのです。

 

ダイエット中の方は注意が必要です。

 

★こちらの記事もどうぞ
ねぎとろのカロリーはどれくらい?ねぎとろ丼では?