今日は、トマトジュースの糖質量やカロリーをテーマにしていきたいと思います^^

 

トマトジュースのカロリーや糖質量はどれくらいでしょうか。
また市販のものはどれくらいのカロリーでしょうか。

 

トマトジュースについてまとめていきます。

c1c88e843e1ae06099059e9713c0f1cc_s

 

トマトジュースのカロリーや糖質量はどれくらい?

トマトジュースは、その名前の通り、トマトのジュース
のことを指します。

 

加工用のトマトをつぶして、汁をしぼったあと、
種やトマトの皮を取り除きます。

 

トマトジュースには、食塩が入っているものと、
食塩を添加していないタイプのものがあります。

 

トマトに含まれるポリフェノールの一種である
リコピンの栄養も摂取することができ、
強い抗酸化作用があるため、
動脈硬化などの 生活習慣病の予防にも役立つとされています。

 

そんなトマトジュースのカロリーはどれくらいでしょうか。

 

食品成分表(7訂)をもとにすると、
トマトジュース100gあたりの栄養成分は以下のようになります。

 

~トマトジュース~

エネルギー:17kcal
水分:94.1g
タンパク質:0.7g
脂質:0.1g
炭水化物:4.0g
食物繊維:0.7g

このようになっています。

 

ですので、トマトジュース100gあたりで、
17kcal となります。

 

他のジュースと比較すると、
かなりカロリーは低いといえます。

 

通常、サイダーや果物の果汁入りのジュースは、
100gあたりで 40~45kcal 程度です。

14da3ec5f5242656a3d402cbfc7d858c_s

 

野菜ジュースであるとはいえ、
トマトジュースは低カロリーであるといえますね。

 

なお、トマトジュースには食塩が添加されているものと、
無添加のものがありますが、
食塩添加のものは、100gあたり 0.3g 食塩
含まれています。

 

無添加のものは食塩含有量は0gです。

 

 

トマトジュースの糖質量はどれくらい?

では、トマトジュースの糖質量はどれくらいでしょうか。

96e3c6890079a59082f8bed7bd361e88_s

 

基本的に糖質は、
糖質=炭水化物量-食物繊維量で計算することができます。

 

食品成分表をもとにすると、
トマトジュース100gあたりの栄養成分は
以下のようになります。

 

糖質=炭水化物量-食物繊維量=4.0‐0.7=3.3g

 

よってトマトジュース100gあたりの糖質量は
3.3gとなります。

 

意外に糖質も含まれているな…
という印象かもしれませんが、
トマトジュースの素であるトマトには、
100gあたり3.7gの糖質が含まれています。

b7734600c87f701b82fc6f75e50fa522_s

 

なので、原料から考えればそれくらい含まれていても
しょうがないです。

 

ですが、ジュース類の中では糖質量は少ない方
であるといえます。

 

ジュース類でいえば、果糖の多い、
オレンジジュースやりんごジュース、
サイダーなどの炭酸飲料は
100gあたりの糖質量が 10g以上 です。

 

またビールなどのアルコール類の糖質を気にされる方が
多いですが、
そちらも100gあたりで3g程度です。

 

いかにジュースの糖質量が高いかが
わかるかと思います。

スポンサーリンク



トマトジュース1パックあたりのカロリーや糖質量はどれくらい?

一般に販売されているトマトジュースは
1パックあたりで200g程度です。

e00701cb7ec40c70c2b4524d5f66ee65_s

 

ですので、1パックあたりのカロリーは、
34kcal
となります。

 

ですので、1パック程度であれば全く問題ないです。

 

ただ、トマトジュースには塩分量が含まれているものもあり、
100gあたり0.3g程度です。

 

ということは1パックあたりで、
0.6gもの食塩を含むことになります。

 

トマトジュースの飲み過ぎはよくありません。

 

 

トマトジュース1パックあたりの糖質量は?

トマトジュース1パックで200gですので、
糖質量は1パックで 6.6g となります。

 

なので、糖質制限をしている方も摂取可能な
レベルであるといえます。

 

ただ、飲み過ぎは注意が必要ですね。

 

 

スポンサーリンク



トマトジュースのカロリー・糖質量比較!

トマトジュースは、様々な会社から販売されています。

 

では会社によって成分値にはどのような違いがあるのでしょうか。

 

~カゴメトマトジュース~
一度は飲んだことがある方も多いのではないでしょうか。

カゴメトマトジュースの成分は以下のようになります。

エネルギー:40kcal
タンパク質:1.8g
脂質:0g
炭水化物:9.2g
糖質:7.8g
※200mlあたり

 

~デルモンテトマトジュース~
デルモンテはトマトケチャップでもおなじみです。

エネルギー:41kcal
タンパク質:2.2g
脂質:0g
糖質:7.2g
※200mlあたり

 

~アサヒバヤリース~

エネルギー:46kcal
タンパク質:1.4g
脂質:0g
炭水化物:10.2g
※200mlあたり

 

~伊藤園~
理想のトマト

エネルギー:77kcal
タンパク質:3.2g
脂質:0g
炭水化物:16.7g
糖質 14.2g
※200mlあたり

 

会社によりますが、
200mlあたり低いものは、 40kcal 程度ですが、
高いものとなると 77kcal 程度のものもあります。

 

糖質量は記載していないものもありました。

 

砂糖不使用でも、糖質量が多く含まれているものもあるので、
購入する際は成分値を確認してください。

 

 

トマトジュースで太ることも?

トマトジュースは100gあたりで17kcal,
そして1パック200mlでも34kcal程度とカロリーは
あまり 高くありません

4ea59e7cd97bb84e62e33db209a417fc_s

 

なので、ダイエット中でも気にせず摂取できます。

 

またトマトジュースには、
抗酸化作用の強い βカロテン や、
しみしわの予防にも役立つ ビタミンC も含まれています。

 

ダイエット中は栄養が偏り、
お肌が荒れたりするので、そういった方は、トマトジュースなどで
補うと良いでしょう。

 

ただ、トマトジュースにも食塩が含まれているものもあり、
そういったものは飲み過ぎには注意が必要です。

 

 

糖質面でみると…?

トマトジュースの糖質量は100gあたりで 3.3g です。

 

飲み物の中では糖質量が低い方であるといえます。

 

1パック200mlでも6.6g程度ですので、
糖質制限をしている方でも飲めるレベルです。

 

またジュースの中でもトマトジュースは、
糖質量が少ない方ですが、炭酸飲料や果物のジュースは
糖質量が多い傾向にあるので、
糖質制限中の方は控えたほうが良いといえます。

 

また、冬に飲みたくなるココアやヨーグルト飲料も
糖質量は高いものが多いので注意が必要です。

 

 

まとめ

今回は、トマトジュースのカロリーや糖質量をテーマにして
まとめてみました。

 

トマトジュースは100gあたりで
3.3gの糖質量を含みます。

 

またカロリーは、100gあたりで17kcal程度と
他のジュース類と比較すると、
数値は低いといえます。

 

ただ、塩分含有量が多いものもあるので、
飲み過ぎには注意が必要です。

 

★こちらの記事もどうぞ
トマトの糖質量やカロリーは?高くて太る?