今日は、ホタテのカロリーや糖質量をテーマにしていきたいと思います^^

 

ホタテのカロリーや糖質量はどれくらいでしょうか。
また刺身の場合はどうなるのでしょうか。

 

ホタテについてまとめていきます。

7a640ddd5b39bbcedec9f23b942b0da1_s

 

ホタテのカロリーはどれくらい?

ホタテは大型の二枚貝であり、
北海道や東北に分布しています。

 

そんなホタテは肉質が柔らかいのが特徴で、
刺身や寿司、バター炒めなど
様々な調理法があります。

 

ホタテの貝柱も旨み成分が豊富に含まれており、
おつまみとしてもよく食べられています。

 

ホタテのカロリーはどれくらいになるでしょうか。

 

食品成分表をもとにすると、
ホタテのカロリーは以下のようになります。

エネルギー:72kcal
水分:82.3g
タンパク質:13.5g
脂質:0.9g
炭水化物:1.5g
食物繊維:0.0g

 

このようになっています。

 

ですのでホタテのカロリーは100gあたりで
72kcal
となります。

 

こちらはヒモ付きのもののカロリーとなります。

 

ホタテは脂質量が少ないですが、
タンパク質は豊富に含まれています。

 

他のよく食べられている
貝類のカロリーは以下のようになります。

100gあたり(kcal)
赤貝 74
あさり 30
牡蠣 60
しじみ 64
さざえ 89
はまぐり 39

 

このようになります。

 

ですので比較するとアサリやハマグリなどの貝の方が
カロリーは低くなります。

 

とはいえ、脂質量が豊富に含まれている
ブリや鯖などの魚と比較すると
ホタテの方がカロリーは低くなります。

 

 

ホタテ1個あたりのカロリーは?貝柱では?

ホタテ1個あたりの重量は200g程度ですが、
廃棄率が50%ですので、
1個当たりの可食部は100g程度になります。

 

ですので、ホタテを丸々1個食べても
72kcal
となります。

 

なお、ホタテの貝柱はバター醤油焼きにしたり、
いろいろな食べ方がありますが
貝柱1個あたりの重量は30g程度になります。

 

ですのでホタテの貝柱1個あたりで
26kcal
程度になります。
※100gあたりでは88kcal

 

ただ、ホタテの貝柱煮干しになると100gあたりで
322kcal
程度になります。

 

ですので食べすぎは要注意です。

スポンサーリンク



ホタテの糖質量はどれくらい?

ホタテの糖質量はどれくらいになるでしょうか。

1b9e082f4d19224296c75f9363e8ae59_s

 

基本的に糖質は、
糖質=炭水化物量-食物繊維量
で計算することができます。

 

ですのでホタテの糖質量も同じように計算することができます。

 

食品成分表をもとにすると
ホタテ100gあたりの糖質量は以下のようになります。

 

糖質=炭水化物量-食物繊維量=1.5‐0.0=1.5g

 

よってホタテの糖質量は100gあたりで
1.5g
となります。

 

100gあたりで糖質量が1.5gという数値は
食材全般でみると少ない方です。

 

また貝類の中でも糖質量は少ない方であると
いえます。

 

他の貝類の100gあたりの糖質量は以下のようになります。

糖質(g)
赤貝 3.5
あさり 0.4
牡蠣 4.7
しじみ 4.5
さざえ 0.8
はまぐり 1.8

 

ホタテよりも糖質量が少ない貝類もありますが、
牡蠣や赤貝などと比較すると
糖質量は少ないといえます。

 

 

ホタテの刺身のカロリーや糖質量はどれくらい?

ではホタテの刺身のカロリーはどれくらいでしょうか。

 

ホタテの刺身というのは、
ホタテのヒモや食べられない部分を除去して、
貝柱だけにして薄く切ったものです。

 

醤油をそのままつけて食べる他、
マリネにしても食べられています。

372057ba5880c38aa50489647e7d5f6e_s

 

食品成分表をもとにすると
ホタテの貝柱100gあたりの栄養成分は以下のようになります。

エネルギー:88kcal
水分:78.4g
タンパク質:16.9g
脂質:0.3g
炭水化物:3.5g
食物繊維:0.0g

このようになります。

 

よってホタテの貝柱100gあたりで
88kcal
となります。

 

つまり、ホタテの刺身(貝柱のみ)の方が、
生のホタテ丸ごとよりもカロリーは高くなります。

 

脂質は少ないのですが、
炭水化物量が多くなるためです。

 

ホタテの刺身1切れは15g程度ですので
1切れあたりで
13kcal となります。

 

 

ホタテの刺身の糖質量はどれくらい?

ホタテの刺身100gあたりの糖質量は
3.5g
となります。

 

ホタテ丸ごとよりも貝柱の方が炭水化物の含有量は
多くなります。

 

ホタテの刺身一切れあたりでは
0.5g 程度の糖質量となります。

 

1枚あたりで換算するとそこまで糖質量が多いというわけではないです。

 

 

スポンサーリンク



ホタテの栄養効果はある?

ではホタテにはどのような栄養効果があるのでしょうか。

1ed7fe595987fdc65102af45fb37a11a_s

 

ホタテで注目すべき栄養素は以下のようなものがあります。

・鉄分
・亜鉛
・ビタミンB12

 

その他タウリンも含まれています。

 

それぞれの栄養素の働きは以下のようになります。

 

「鉄分」…鉄分はヘモグロビンの構成成分となります。

ヘモグロビンは酸素を全身に運ぶ役割をしており、
ヘモグロビンが不足すると貧血の症状が起こることがあります。

特に成人の女性は男性よりも鉄分を摂取する必要があり、
1日の推奨量は10.5mgです。

ホタテ100gで 2.2mg の鉄分が補えます。

 

「亜鉛」…亜鉛は酵素の構成成分の他、
味覚に関わるビタミンです。

亜鉛が不足すると、味覚の低下が起こることがあります。

 

「ビタミンB12」…ビタミンB12は葉酸とともに赤血球の形成に
関わるビタミンです。

ビタミンB12が不足すると悪性貧血になることがあります。

ただビタミンB12は様々な食材に含まれており、
あまり不足するということはないです。

 

またタウリンには、肝機能向上に効果があると
されています。

 

お酒をよく飲む方は、
ホタテなどのタウリンを含む食材を摂取してみては
いかがでしょうか。

 

 

ホタテで太ることはある?

ではホタテで太るということはあるのでしょうか。

2a8f6fa2e7fec2e0aebdd515f2aa5ca7_s

 

ホタテは100gあたりで 72kcal 程度であり、
カロリーが高いわけではありません。

 

またホタテの刺身の場合も、
1枚あたりで13kcal程度と低カロリーです。

 

なのでダイエット中の方も食べられる食材です。

 

ただ貝柱を乾燥させたものだと、
高カロリーになりますので食べ過ぎには注意が
必要です。

 

 

糖質面でみると・・・?

ほたての糖質量は100gあたりで 1.5g
となります。

 

魚と比較すると糖質量は多いですが、
他の貝類と比較すると、そこまで多いわけではありません。

 

また食材の中でも糖質量は少ない方であるといえます。

 

ですので糖質制限をしている方でも
食べられます。

 

ただ煮物にする場合は、
糖質量も多くなるので注意が必要です。

 

糖質制限中は刺身や鍋の具材にするなどの
調理法が良いかと思います。


まとめ

今回は、ホタテのカロリーや糖質量をテーマにして
まとめてみました。

 

ホタテは100gあたりで72kcal
そして糖質量は1.5g程度です。

 

ですので食材の中で考えると、低カロリーで
糖質量も少ない食材であるといえます。

 

★こちらの記事もどうぞ
はまぐりのカロリーや糖質量はどれくらい?