今日は、コンビーフのカロリーや糖質をテーマにしていきたいと思います^^

 

スーパーやコンビニの缶詰コーナーで見かけるコンビーフ。

 

コンビーフは牛の塩漬け肉をフレークにして、牛脂で固めたものです。
その原料は外もも肉やすね肉できています。

 

実際に食卓にコンビーフがあがる機会はどのくらいでしょう?
もしかしたらあまり手にすることのない方も多いかもしれませんね。

 

今日はそんなコンビーフのカロリーや糖質量、栄養素に注目してみましょう。

konbihu1

 

コンビーフのカロリーはどのくらい?

では実際、コンビーフのカロリーはどのくらいなのでしょうか?

 

食品成分表をもとにすると、
コンビーフ100gあたりの栄養成分は以下のようになります。

エネルギー:203kcal
タンパク質:19.8g
脂質:13.0g
炭水化物:1.7g
食物繊維:0.0g

 

100g(1缶)あたり約 203kcal
となっています。

 

ここで他の缶詰の100gあたりのカロリーと比較してみましょう。

 

・ツナ缶(油漬け) 267kcal
・やきとり缶 177kcal
・サバ缶 170~180kcal

缶詰はいずれにしろカロリー高めです。

 

また、実際に原料となる外もも肉やすね肉100gあたりのカロリーは
どのくらいなのでしょうか?

 

・外もも肉 215kcal
・すね肉  201kcal

加工品であるコンビーフですが
そのカロリーは他の缶詰や原材料と比べても
さほど高くはないと言えますね。

 

スポンサーリンク



コンビーフの糖質はどのくらい?

糖質制限ダイエットをしている方にとって気になるのは
カロリーよりその糖質ですよね。

konbihu2

主に肉類の糖質は低く
糖質制限ダイエット向きの食材として有名ですが
缶詰のコンビーフの糖質量はどのくらいなのでしょうか?

 

基本的に糖質は、
糖質=炭水化物量-食物繊維量
で計算することができます。

 

ですが、コンビーフには食物繊維が含まれていません。

 

コンビーフ100gあたりの糖質量は以下のようになります。

100g(1缶)あたり: 1.7g

 

主に牛肉の糖質量は 0.1~0.6g ですから、
お肉そのものよりは糖質が高くなりますが
糖質制限ダイエット時の1食分の糖質量の目安が
20g前後 であることを考えても
コンビーフの糖質量は低いと言えます。

 

お肉のように切る必要がなく
缶詰を開けるだけで手軽に調理できるコンビーフ。
糖質制限ダイエット時の
強い味方となってくれそうですね。

 

 

スポンサーリンク



コンビーフの栄養素は?

低カロリーで低糖質なことが分かったコンビーフ。

 

ここでその栄養素に注目してみましょう。

 

コンビーフ100gあたりに主に含まれる栄養素は
以下の通りになります。()内は1食分の推奨量です。

・タンパク質 19.8g(15~34g)
・脂質 13g(13~20g)
・鉄 3.5mg(6.8mg)
・亜鉛 4.1mg(8.8mg)
・ナイアシン 7.6mg (3.48mg)
・ビタミンB12 1.3ug (0.8ug)

 

コンビーフは高たんぱくな食材ですが、
同時に脂質も多く含んでいるので
食べすぎには注意が必要です。

 

しかし、コンビーフが多く含むビタミン類は
ダイエット時に必要なものとなってきます。

 

ここで ナイアシン ビタミンB12について調べていきましょう。

 

ナイアシン

ナイアシンは循環器や神経などの器官にはたらく
水溶性ビタミンのひとつです。

体に取り入れた糖質をエネルギーに変換する際には
酵素が働きます。

ナイアシンはその酵素の働きに大きく関わっています。

 

ダイエット中にナイアシンを積極的に摂取することは
痩せやすい身体づくり に効果的だと言えます。

また、ダイエット中に極端な食事制限をすると
栄養不足となり髪や肌にトラブルを起こしがちです。

 

髪や肌の粘膜の健康に働きかけるナイアシンは
そんなトラブルを引き起こさないためにも
必要な栄養素のひとつとなります。

 

 

ビタミンB12

ビタミンB群はダイエット時や健康維持に欠かすことのできない
大事な栄養素となります。

 

ビタミンB1は、糖質の代謝に関わるビタミンであり、
ビタミンB2は身体に取り入れた タンパク質や脂質の代謝を助ける 働きがあります。

また、ビタミンB12は 造血 にも関わります。

 

ビタミンB12が不足すると、
ヘモグロビンの生成がうまくいかず
悪性貧血の症状が起こることがあるので
注意が必要です。

そのほか鉄分は貧血予防
亜鉛は、たんぱく質の合成にも関わるミネラルです。

 

 

コンビーフは太るの?

コンビーフのカロリーや糖質は分かりましたが
実際コンビーフはダイエット中に食べても大丈夫なのでしょうか?

 

缶詰のコンビーフは主に調理して食べる事が多いかと思います。
大事なのはその調理法となります。

 

コンビーフの調理法として代表的なものは
サンドイッチやチャーハンの具材などです。

konbihu3

 

それぞれ主食と共に
手軽にタンパク質を摂取することができるメニューとなりますが
低糖質ダイエットを心がけている方には
パンやご飯は糖質が高くなるので注意が必要です。

 

また、サンドイッチの具材にする際に使うマヨネーズなど
使う調味料によってはカロリーも高くなってしまうので
こちらも注意が必要です。

 

ではコンビーフはどのように調理するのが一番良いのでしょう?
低糖質、低カロリーで体に良い栄養素を多く含むレシピは
キャベツやキノコ類など
野菜と共に炒めてシンプルな味付けでいただくのがオススメです。

 

コンビーフには塩味がついているので
味付けも手軽に済ませることができます。
逆に塩分過多となることがないように
調味の際には塩分量に気を付けましょう。

 

 

【ダイエットにおすすめ加工品コンビーフ】

今回はコンビーフのカロリーや糖質についてまとめてみました。

 

いかがでしたでしょうか?
ダイエット時には外食よりも
カロリーや糖質をコントロールできる自炊がおすすめです。

 

そんな中、缶詰のコンビーフは忙しい時にも
手軽にタンパク質を摂取できる便利な食材だと言えます。

 

低糖質、低カロリーでダイエット時に必要な栄養素も含むコンビーフ。

 

これからはお店で見かけても
手にすることが多くなるのではないでしょうか?

 

★こちらの記事もどうぞ
スペアリブのカロリーと糖質はどれくらい?1本あたりは?