すいかの糖質・カロリーは?1/8・1/4カットでは?

Sponsored Link

今日は、すいかのカロリーや糖質量をテーマにしていきたいと思います^^

 

すいかのカロリーや糖質量はどれくらいでしょうか。
またすいか1/8や1/4カットではどうなるでしょうか。

 

すいかについてまとめていきます。

00a144c61cc2d603a1b1dc1fd7fdb79c_s

 

すいかのカロリーや糖質量はどれくらい?

すいかは、緑の大きい球体に黒いしましまが
ついているのが特徴です。

 

すいかは夏が旬であり、
冷やして食べると甘味があって美味しいですよね。

 

そんなすいかは、赤い果肉が特徴ですが、
むくみの解消・利尿作用に効のある カリウム
多く含まれています。

 

また、あの赤い果肉には βカロテンも含まれていて
抗酸化作用もあるのです。

 

なので、動脈硬化美肌効果もあるのです。

 

そんなすいかですが、
カロリーや糖質量はどれくらいでしょうか。

 

食品成分表(7訂)をもとにすると
すいか100gあたりの栄養成分は以下のようになります。

 

~すいか・赤~
エネルギー:37kcal
水分:89.6g
タンパク質:0.6g
脂質:0.1g
炭水化物:9.5g
食物繊維:0.3g
 

このようになっています。

 

ですので、すいか100gあたりで 37kcal
となります。

 

すいかは100gあたりで37kcalなので、
結構高カロリーではないか…?
と思う方もいるかもしれませんが、
実は果物の中ではかなりカロリーは少ない方です。

 

参考までに、一般的によく食べられる果物
100gあたりのカロリーは以下のようになります。

 

バナナ: 86kcal
りんご: 57kcal
みかん: 46kcal


 

とだいたいの果物は100gあたりで40kcal以上であり、
すいかは水分含有量が90%を占めているので、
果物の中でも低カロリーな方です。

 

 

すいかの糖質量はどれくらい?

では、すいかの糖質量はどれくらいでしょうか。

 

基本的に糖質は、
糖質=炭水化物量-食物繊維量
で計算することができます。

 

ですので、すいかの糖質量も同じように計算することができます。

 

食品成分表をもとにすると
すいか100gあたりの糖質量は以下のようになります。

 

糖質=炭水化物量-食物繊維量=9.5‐0.3=9.2g

 

よって、すいかの糖質量は100gあたりで
9.2g
となります。

 

果物の糖質量は高いものですと、
バナナやマンゴーがあげられますが、
バナナは100gあたりで 21.4g
マンゴーも100gあたりで 15.5g
糖質量が多いです。

ffedd5238bb0dd02352992e587ac5e21_s

 

野菜と比較してしまうと、
100gあたりで9.2gというのは結構高い数値ですが、
他の果物が100gあたりで10g以上
糖質を含むものが多いので、
比較するとすいかの糖質量はまだマシです。

 

参考までに

品目 糖質量(g)
メロン 9.9
すいか 9.2
グレープフルーツ 9
バレンシアオレンジ 9
はっさく 9
8.9
レモン 7.6
いちご 7.1
アボカド 0.9
 

10g以下のものをざっとあげてみました。

 

もちろん、これより含有量が多い果物もあるというわけです。

 

★果物の糖質量に関して詳しくはこちらをどうぞ
果物の糖質はどれくらい?多いもの少ないものランキング

 

果物は体に良いのですが、
糖質量で考えると多いものもたくさんありますので、
糖質制限をしている方は注意してください。


スポンサーリンク



すいか1玉・1/4・1/8のカロリーや糖質量はどれくらい?

すいかを家庭菜園で栽培している方は
1玉丸ごと食べるという方もいるかもしれませんが、
スーパーでは食べやすいように、小分けにして販売されているものが
ほとんどですよね。

c76df9636b2909ee746c609d59713d59_s

 

東京に来たら、1玉で販売しているすいかを
あまり見なくなったような気もします。

 

すいか1玉は品種によっても差があるのですが、
大玉すいかは1玉8kg程度です。

 

小玉すいかは3kg程度です。

 

大玉すいかは分割して販売されることが多いですが、
小玉すいかの場合は分割もされずに販売されることもありますね。

 

分割した場合の重量の数値は以下のようになります。

 

大玉:8kg
大玉4分の1:2kg
大玉8分の1:1kg


 

小玉:3kg
小玉4分の1:750g
小玉8分の1:375g


 

しかしすいかは丸ごと食べるわけではなく、
皮の部分を廃棄しますよね。

 

大型:40%
小型:50%

廃棄率となります。

 

ですので、実際のすいかの可食部は以下のような
数値になります。

5bbc4ea3d4554f6a947211e4cf4d10ad_s

 

~すいかの可食部~
大玉:4.8kg
大玉4分の1:1.2kg
大玉8分の1:0.6kg


 

小玉:1.5kg
小玉4分の1:375g
小玉8分の1:188g


 

こう考えると実際食べている部分ってとても少ないんだなー
と実感します。

 

100gあたり 37kcal ですので、
数値を換算すると重量あたりのカロリーは
以下のようになります。

 

大玉: 1776kcal
大玉4分の1: 444kcal
大玉8分の1: 222kcal


 

小玉: 555kcal
小玉4分の1: 139kcal
小玉8分の1: 70kcal


このようになります。

 

実際は大きかったすいかも切って可食部を取り除くと、
食べる分はとても少ないのです。

 

大玉丸ごと1個を食べた場合は
相当カロリーを摂取することになりますが、
お皿にのせて食べるくらいの量でしたら、
そこまで高カロリーにはなりません。

 

 

すいか1玉・1/4・1/8の糖質量はどれくらい?

では、糖質量はどれくらいになるでしょうか。

 

100gあたりの糖質量は 9.2g です。

 

これを可食部で換算すると以下のような
数値になります。

 

大玉: 441.6g
大玉4分の1: 110.4g
大玉8分の1: 55.2g


小玉: 138g
小玉4分の1: 34.5g
小玉8分の1: 17.3g


 

このようになります。

 

小玉の1/8カットでも、約20gの糖質量を
摂取することになります。

 

なので、糖質量は結構多いです。

 

糖質制限をしている方は、
他の食材との兼ね合いも考えて摂取することをおススメします。

 

冬でもすいかが食べられます!


スポンサーリンク



すいかで太ることも?

では、すいかで太ることはあるのでしょうか。

c4972fe32762b99dcfebfbf6a64add82_s

 

すいかは100gあたり 37kcal です。

 

果物の中ではカロリーが高いというわけではないです。

 

野菜で換算すると、玉ねぎと同じくらいのカロリー
となります。

 

すいかも 食べ過ぎなければ問題ないです。

 

200gでも100kcal以下です。

 

また、100gあたりで37kcalという数値ですが、
お菓子を食べるよりは、果物を食べた方が良いです。

 

ただ1/4カットを丸ごと食べるなど、
食べ過ぎるとカロリーを多く摂取するだけでなく、
腹痛などのトラブルが起こる可能性もあるので
注意してください。

 

 

糖質面でみると…?

では糖質面でみるとどうなるでしょうか。

 

すいかの糖質量は100gあたりで 9.2g です。

 

数値でみると100gで9.2gという数値は結構高いのですが、
果物の中でみれば少ない方です。

 

緩めの糖質制限をしている方は、
他の食材の糖質量を考慮し、
すいかの摂取量を考えてください。

 

少量であれば、そこまで制限しなくても大丈夫です。

 

ただ、糖尿病などで糖質を制限している方は
避けたほうが良い食材といえます。

 

余談ですが、
私の周りの糖質制限をしている方で果物好きの方は、
1食で果物だけを食べるなどの食事もしています。

 

果物=太るではなく、
果物を摂取することで、ビタミンCも多く摂取することができるので、
摂取したい食材ともいえます。

 

糖質がやめられないけど、食べたい…!
という方にはサプリメントも。




まとめ

今回は、すいかのカロリーや糖質量をテーマにして
まとめてみました。

 

すいかは100gあたりで37kcalですが、
果物の中ではカロリーは低く、
糖質量も多くはないです。

 

カロリーベースのダイエットをされている方は
食べ過ぎなければ問題ないですが、
糖質制限をしている方は100gあたりで9.2g程度
含まれているので注意してください。

 

★こちらの記事もどうぞ
バナナ1本のカロリーや糖質はどれくらい?糖質制限にはむいている?

■断食しても痩せられなかった
■糖質制限ダイエットがつらい…
■置き換えダイエットは続かない
■炭水化物がやめられない
■デートのために痩せたい

そんなあなたに
↓↓↓
私が好きなものを食べてビールをたくさん飲んでも痩せた方法!


Sponsored Link


こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ