今日は、煮干しのカロリーや糖質量をテーマにしていきたいと思います^^

 

煮干しのカロリーや糖質量はどれくらいでしょうか。

 

そんな煮干しについてまとめていきます。

bab28d9158a91d4e47f3d8ab290613de_s

 

煮干しのカロリーはどれくらい?

煮干しは、魚を食塩水でゆで上げた後に、
乾燥を行ったものです。

 

主にだしとして使用され、
煮干しはカタクチイワシを用いたものが一般的ですが、
カタクチイワシ以外にも
マイワシやきびなご、いかなごなどの
魚を用いることもあります。

 

煮干しはそのまま食べることもでき、
カルシウム供給源として知られています。

 

そんな煮干しのカロリーはどれくらいでしょうか。

 

食品成分表をもとにすると、
煮干し100gあたりの栄養成分は以下のようになります。

 

 

~煮干し【かたくちいわし】~

エネルギー:332kcal
水分:15.7g
タンパク質:64.5g
脂質:6.2g
炭水化物:0.3g
食物繊維:0.0g

 

よって煮干し100gのカロリーは、
332kcal
となります。

 

煮干しは乾燥させるため、
生魚よりもカロリーは高くなります。

 

なお、煮干し100g中には、
カルシウム 2200mg も含まれています。

 

また煮干し1尾あたりの重量は2g程度なので、
1尾あたりのカロリーは、
7kcal
となります。

スポンサーリンク



煮干しの糖質量はどれくらい?

では、煮干しの糖質量はどれくらいでしょうか。

 

基本的に糖質量は、
糖質=炭水化物量-食物繊維量
で計算することができます。

 

ですが、煮干しには食物繊維量が含まれていないので、
炭水化物量=糖質量
となります。

 

よって、煮干し100gあたりの糖質量は、
0.3g
となります。

 

糖質量はほとんど含まれていません。

 

栄養価の高い煮干し【かたくちいわし】100gあたりの栄養成分です。

 

煮干し
エネルギー(kcal) 332
タンパク質(g) 64.5
脂質(g) 6.2
炭水化物(g) 0.3
食物繊維(g) 0
カリウム(mg) 1200
カルシウム(mg) 2200
マグネシウム(mg) 230
リン(mg) 1500
鉄分(mg) 1.7
亜鉛(mg) 7.2
βカロテン(µg) 0
ビタミンD(µg) 18
ビタミンB1(mg) 0.1
ビタミンB2(mg) 0.1
ビタミンB6(mg) 0.28
ビタミンB12(µg) 41.3
ビタミンK(µg) 0
ビタミンC(mg) 0
葉酸(mg) 74
ビタミンE(mg) 0.9

タンパク質が豊富でビタミンやミネラルも
豊富に含まれています。

 

 

スポンサーリンク



まとめ

今回は、煮干しのカロリーや糖質量をテーマにして
まとめてみました。

 

だしに使用されることが多い煮干しですが、
そのまま食べることもでき、
カルシウムが豊富に含まれています。

 

カロリーは100g換算だと300kcalを超えますが、
一度に100g程度摂取することはなく、
1尾あたりですと7kcal程度です。

 

糖質量もほとんど含まれていません。

 

★こちらの記事もどうぞ
いわしのカロリーはどれくらい?いわしのフライでは?