今日は、牛丼のカロリーや糖質量をテーマにしていきたいと思います^^

 

牛丼のカロリーや糖質量はどれくらいでしょうか。
またチェーン店の吉野家や松屋、すき屋ではどれくらいでしょうか。

 

牛丼についてまとめていきます。

0c721b899cca7036e1bf8255a7b86f4b_s

 

牛丼のカロリーや糖質量はどれくらい?

牛丼は、牛肉と玉ねぎを砂糖や醤油、酒などの
調味料で煮て、
さらにご飯の上にのせたものです。

 

牛丼は手軽に食べられるので、
チェーン店でも多く提供されていますし、
コンビニで販売されることも多いです。

 

そんな牛丼のカロリーはどれくらいでしょうか。

 

牛丼には様々なレシピがありますが、
以下のような材料でつくることができます。

 

~牛丼1人分~
ご飯:200g
牛肉肩:100g
たまねぎ:50g
酒:20g
醤油:22g
砂糖:4.5g
だし:100g
しょうが:10g

 

このような材料の場合、
それぞれのカロリーは以下のようになります。

 

ご飯:336kcal
牛肉肩(和牛):286kcal
たまねぎ:19kcal
酒:22kcal
醤油:16kcal
砂糖:17kcal
だし:2kcal
しょうが:5kcal



702kcal

 

よって、 牛丼1杯(506.5g)程度で、
702kcal となります。

 

牛丼は、具材によっては1杯あたりで700kcalを
超えるので、結構カロリーは高いといえます。

 

また今回は、牛の肩肉脂身つき、さらに和牛を
材料とした場合のカロリーを計算しています。

 

和牛肉は輸入牛に比べてカロリーが高いです。

4a29aa96c0872433c8f0331483fc0ec4_s

 

同じ牛肉の種類でも輸入の方がカロリーが低く、
輸入牛・肩肉(脂身つき)で 180kcal
となります。

 

なので、牛丼をご家庭でつくる場合は、
和牛ではなく、輸入牛を使用した方が、カロリーは低くなります。

 

また脂身を少なくすることで、
さらにカロリーをカットすることができます。

 

ご家庭でつくる場合は、このような点に注意すると良いかと
思います。

牛丼の糖質量はどれくらい?

では、牛丼の糖質量はどれくらいでしょうか。

 

基本的に糖質は、
糖質=炭水化物量-食物繊維量
で計算することができます。

 

ですので、牛丼の糖質量も同じように計算することができます。

 

上記のような材料の場合、
牛丼1杯あたりの栄養成分は以下のようになります。

 

炭水化物量 88.1g
食物繊維量 1.6g

糖質 86.5g

 

よって牛丼1杯(506.5g)程度で糖質量は、
86.5g
となります。

※白米ごはん200gあたりで計算

c8e39682482d4d43394f6720c7177710_s

 

このように牛丼はご飯を多く摂取することになるので、
糖質量も多くなります。

 

白米ごはん200gあたりの糖質量は、 73.6g
ですので、牛丼における、白米ごはんの糖質量は
85%になります。

 

糖質制限をしている方は、
注意が必要な糖質量となります。

 

白米ごはんの量を少なくしたり、
別の食材に置き換えるなどの対策をすると
良いかと思います。

 

白米ごはんはどうしても食べたいという方は、
こんにゃく米も良いです。


スポンサーリンク



吉野家・松屋・すき家の牛丼のカロリーや糖質量は?

牛丼はチェーン店でも多く提供されています。

 

吉野家や松屋、すき家など大手牛丼チェーン店がありますが、
カロリーや糖質量はどれくらいになるのでしょうか。

f2b39250d393eb22f426e6189cfde547_s

 

~吉野家~

kcal
並盛 669
アタマ大盛 752
大盛 929
特盛 1063

引用元:https://www.yoshinoya.com/menu/don/gyudon/

 

公式HPには、カロリーは記載されていましたが、
糖質量までは記載されていませんでした。

 

並盛ですと、660kcal程度ですが、
ご飯の量が増える分、大盛りや特盛りは高カロリーです。

 

~すき家~

kcal 炭水化物量
ミニ 466 78
並盛 656 108
中盛 695 99
大盛 845 139
特盛 980 143
メガ 1163 146

引用元:http://www.sukiya.jp/menu/in/gyudon/100100/nutrient.html

 

糖質量ではなく、炭水化物量のみ記載されておりました。

 

牛丼の材料で食物繊維が含まれているのは、
ご飯と玉ねぎであり、およそ1杯で1~2g程度は
含まれていると考えられます。

 

なので、実際の糖質量は、上記の炭水化物量から
1~2g程度を引いた数値になると思います。

 

 

~松屋~

kcal 炭水化物量
ミニ 507 67.8
並盛 709 100.6
大盛 945 139.7
特盛 1299 178.8

引用元:https://www.matsuyafoods.co.jp/menu/gyumeshi/gyumeshi.html

 

松屋も、すき家同様に糖質ではなく、炭水化物量の記載はありました。

 

こちらも食物繊維量の含有量が
1~2g程度と推測できますので、
糖質量は炭水化物量から1~2g程度ひいたものであると考えられます。

 

3社のデータを比較すると、
一番カロリーが低いのはすき家ですね。

 

といっても、カロリーの違いは微量です。

 

甘めの牛丼であった場合は砂糖も使用されていることが
考えられます。

 

特盛やメガとなると、カロリー・糖質量ともに
かなり含有量は多くなるので、
ダイエット中の方は注意が必要です

 

 

スポンサーリンク



牛丼で太ることはある?

牛丼並のカロリーは 600~700kcal 程度に
なります。

 

牛肉自体、他の肉類と比較するとカロリーが高いので、
結果的に高カロリーとなります。

aeb0b814624e3fb022f03b06ed7c4859_s

 

ただ、成人男性の消費カロリーは少なくとも
1日2000kcal程度ですので、
1食分に換算すれば600~700kcal程度であれば、
許容範囲内です。

 

ただ、並盛ではなく、大盛りや特盛りなどの
ご飯が多い場合は、さらにカロリーが高くなり、
1000kcal超えをすることもあります。

 

そうなると カロリーオーバーで太るということも
考えられます。

 

ですのでダイエット中の方は、
大盛りなどには変更せずに、並盛りなどで
摂取量は抑えた方が良いです。

 

 

糖質面でみると…?

では、糖質面でみるとどうでしょうか。

 

牛丼の糖質量は多く、 90~100g 程度の糖質量を
含んでいることになります。

 

つまり、糖質量は多いといえます。

 

ですので糖質制限をしている方にとっては
牛丼の糖質量は多く、牛丼1食分で1日の摂取目安を
超えてしまうこともあります。

 

なので 牛丼は糖質制限をしている方にとっては不向きです。

 

牛丼の糖質量はご飯の量が大半を占めているので、
ご飯の量を減らすだけで糖質量をオフすることができます。

 

牛肉自体は、糖質をほとんど含みませんが、
砂糖やみりんなどの調味料も糖質量を増やす
原因となります。

 

糖質制限をしている方は、
これらの調味料の使用量を少なくし、
さらにご飯の量を調整すれば、
牛丼も食べることはできます。

 

ご飯が食べられないと満腹にならない・・・
という方は、こんにゃくがブレンドされた
こんにゃく米を使用するのも良いです!

 

 

まとめ

今回は、牛丼のカロリーや糖質量をテーマにして
まとめてみました。

 

牛丼は1杯あたりで600~700kcal程度になります。

 

1食分で高カロリーとなりますし、
糖質量も多いので注意が必要です。

 

牛丼をよく食べるという方は
大盛りなどにするとさらに高カロリーとなるので
ダイエット中は注意してください。

 

★こちらの記事もどうぞ
親子丼のカロリーや糖質は?ご飯なしの具だけでは?