今日は、牛もも肉のカロリーや糖質をテーマにしていきたいと思います^^

 

牛もも肉のカロリーや糖質はどれくらいでしょうか。

 

牛もも肉についてまとめていきます。

2b3df857bb2ea44bb3d6b3a09d3ef1fb_s

 

牛もも肉のカロリーはどれくらい?

牛もも肉は、肉の部位の一種です。

 

もも肉は、内側のももの部分であり、
「うちもも」とも呼ばれています。

946999

 

赤身のお肉が特徴であり、
脂肪が少なくて柔らかいのが特徴です。

 

様々な料理がありますが、
ローストビーフやステーキ、すき焼きの具材
としても食べられています。

 

そんな牛もも肉のカロリーはどれくらいでしょうか。

 

食品成分表をもとにすると、
牛もも肉100gあたりの栄養成分は以下のようになります。

 

牛もも肉・生(和牛)

エネルギー:259kcal
水分:61.2g
タンパク質:19.2g
脂質:18.7g
炭水化物:0.5g
食物繊維:0.0g

 

牛もも肉・生(国産牛)

エネルギー:343kcal
水分:53.9g
タンパク質:16.4g
脂質:28.9g
炭水化物:0.4g
食物繊維:0.0g

 

このようになっています。

 

それぞれ100gあたりのカロリーは
和牛で 259kcal
国産牛で 343kcal

となっており、国産牛の方がカロリーが高いです。

 

ちなみに国産牛というのは、和牛と乳牛から生まれた
牛のことで、交雑牛ともいわれています。

 

和牛の方がカロリーが高そうですが、
実は国産牛として販売されている交雑牛の方が
カロリーは高いのです。

 

なお、基本的にお肉は焼いてから食べますが、
焼くことで水分だけではなく、脂分を流出するので
カロリーは低くなります。

c22a33208a4aa5d9550261b01cab0a74_s

 

煮込み料理でももも肉は使われますが、
焼き肉のように、一度焼いてから食べた方が
カロリーオフとなります。

 

また牛もも肉は、他の部位よりも低カロリーです。

 

和牛の他の部位100gあたりのカロリーは以下のようになります。

 

かたロース: 411kcal
リブロース: 573kcal
サーロイン: 498kcal
ばら: 517kcal
ランプ: 347kcal

もも肉は比較的カロリーの低い方です。

 

 

スポンサーリンク



輸入牛の牛もも肉のカロリーはどれくらい?

和牛や国産牛も流通していますが、輸入牛は値段も手ごろ
なので、手にとる機会も多いのではないかと思います。

 

食品成分表をもとにすると、
牛もも肉100gあたりの栄養成分は以下のようになります。

 

牛もも肉・生(輸入)

エネルギー:165kcal
水分:71.4g
タンパク質:19.6g
脂質:8.6g
炭水化物:0.4g
食物繊維:0.0g

 

このようになります。

 

ですので輸入牛の場合は、
100gあたりで 165kcal となります。

 

和牛のもも肉は259kcal
国産牛のもも肉は343kcal
でしたので、輸入牛が最もカロリーが低いためです。

 

なぜ輸入牛がカロリーが低いのかというと、
輸入牛はタンパク質量が多く、脂質量が
少ないためです。

 

タンパク質は1gあたり4kcalですが、
脂質は1gあたり9kcalです。

 

なので脂質が多い、 和牛や国産牛の方が高カロリーとなります。

スポンサーリンク



牛もも肉の糖質はどれくらい?

では、牛もも肉の糖質はどれくらいでしょうか。

fbb294f5eac972785e2ef59ffb911a47_s

 

基本的に糖質は、
糖質=炭水化物量-食物繊維量
で計算することができます。

 

ですので、牛もも肉の糖質も同じように計算することができます。

 

食品成分表をもとにすると、
牛もも肉100gあたりの糖質は以下のようになります。

 

~和牛~
糖質=炭水化物量-食物繊維量=0.5-0.0=0.5g

~国産牛~
糖質=炭水化物量-食物繊維量=0.4-0.0=0.4g

~輸入~
糖質=炭水化物量-食物繊維量=0.4-0.0=0.4g

 

よって、牛もも肉の糖質量は
和牛: 0.5g
国産牛: 0.4g
輸入: 0.4g

となります。

 

いずれにしろ糖質量は少ないです。

 

基本的に肉類や魚類などのタンパク質が豊富な食品は
糖質量も少ないといえます。

 

ですので糖質制限をしている方も、
これらの食材は食べても問題ないです。

 

ただ、牛もも肉の調味料としてあまり砂糖は使わない
かもしれませんが、
牛肉のタレ大さじ1杯あたりの糖質量は 5.5g 程度
となります。

692ea5a9456363b037805d84d022c502_s

 

タレは砂糖を使用しているので、
糖質量が多くなりがちです。

 

焼き肉として食べる際は注意しましょう!

 

レモン汁や塩、わさびなどで食べた方が
糖質量は少なくなります。

 

 

牛もも肉の栄養は?

牛もも肉で注目すべき栄養素は以下のようなものがあります。

 

・鉄
・亜鉛
・ビタミンB2
・ビタミンB6

 

それぞれの働きは以下のようになります。

 

「鉄分」…鉄分はヘモグロビンの構成成分となります。

鉄分が不足すると、貧血の症状が起こることもあります。

レバーや貝類に多いですが、和牛もも肉には2.5mgの鉄分が含まれています。

 

「亜鉛」…亜鉛は様々な酵素の構成に必要な他、タンパク質合成にも関わるミネラルです。

亜鉛が不足すると味覚障害の症状が起こることがあります。

牛もも肉には100gあたり4.0mgもの亜鉛が含まれ、食材の中でも含有量は多いです。

 

「ビタミンB2」…糖質・脂質・タンパク質の代謝に関わるビタミンであり、
不足すると口角炎などの症状が起こることもあります。

牛もも肉には100gあたり0.2mg程度含まれますが、
含有量が多いのはレバーやハツ、うなぎなどです。

 

「ビタミンB6」…タンパク質の合成に関わるビタミンであり、
タンパク質の摂取量が多い人ほど、ビタミンB6が必要です。

牛もも肉は100gあたり0.3~0.4mg程度と、
食材の中でも含有量が多いです。

 

このように牛もも肉には様々なビタミン・ミネラルが含まれています。

 

 

牛もも肉で太ることはある?

では牛もも肉で太るということはあるでしょうか。

b30e01fc155b285c40f02404c31c11c4_s

 

牛もも肉は和牛100gあたりで 259kcal です。

 

国産牛の方が 343kcal とカロリーは高いのですが、
他のロースやばら肉などの部位と比べれば、
カロリーは低いといえます。

 

ですので、ダイエット中で牛肉が食べたい場合は、
こういった部位を選ぶと良いです。

 

また、和牛や国産牛よりも、輸入牛の方がタンパク質が豊富で
脂質が少なく、低カロリーです。

 

 

糖質面でみると・・・?

では、糖質面でみるとどうでしょうか。

 

牛もも肉の糖質は100gあたりで 0.4~0.5g であり、
糖質量はかなり少ないといえます。

 

ですので糖質制限中の方が食べても問題ありません。

 

ただ、肉類を食べるときは、
ご飯も多く食べてしまいがちです。

 

白米ごはんはお茶碗1杯(150g)で55.2gもの糖質量を含むので
食べ過ぎには注意が必要です。

 

食事制限・炭水化物心配なあなた【イヌリンとHMB】


まとめ
今回は、牛もも肉のカロリーや糖質をテーマにして
まとめてみました。

 

牛もも肉は、肉の部位の中ではカロリーが低い方です。

 

また糖質量も少ないといえます。

 

★こちらの記事もどうぞ
サーロインのカロリーや糖質はどれくらい?