今日は、豚レバーのカロリーや糖質をテーマにしていきたいと思います^^

 

豚レバーのカロリーや糖質はどれくらいでしょうか。

 

豚レバーについてまとめていきます。

e7cd477ef17b454814e8faa636f33e42_s

 

豚レバーのカロリーはどれくらい?

豚レバーは、豚肉の肝臓です。

 

肉質が柔らかいですが、独特の臭みがあるのが
特徴であり、
水に30分以上漬けておくか、
牛乳に漬けて血抜きを行います。

 

豚レバーやレバニラ炒めや甘辛煮、焼き肉
など様々な料理にも利用されています。

 

そんな豚レバーのカロリーはどれくらいでしょうか。

 

食品成分表をもとにすると、
豚レバー100gあたりの栄養成分は以下のようになります。

エネルギー:128kcal
タンパク質:20.4g
脂質:3.4g
炭水化物:2.5g

 

このようになっています。

 

ですので豚レバー100gあたりで
128kcal
となります。

 

豚肉は脂身が多く、カロリーが高いような
イメージがある方もいると思いますが、
レバーの場合は脂質が少なく、カロリーが低めです。

 

脂質は少ないですが、
高たんぱくです。

 

また栄養価も高い食材です。

 

参考までにその他の豚肉の内臓のカロリーは
以下のようになります。

 

舌:221kcal/100g
心臓:135kcal/100g
腎臓:114kcal/100g
小腸:171kcal/100g
豚足:230kcal/100g

このようになっています。

 

豚ロースは100gあたりで250kcal程度
ありますが、内臓はカロリーが低いところが
多いです。

a95df63f9a5b5bbab6dbcbec1fdb16f2_s

 

また豚肉で気をつけた方が良い部位は
「ばら肉」であり、100gあたりで395kcal
もあります。

 

レバーはカロリーも低いので、
ダイエット中でも食べられます。

スポンサーリンク



豚レバーの糖質はどれくらい?

では、豚レバーの糖質はどれくらいでしょうか。

a54f796cb4a53f64aa40aec8dc1ac6c5_s

 

基本的に糖質は、
糖質=炭水化物量-食物繊維量
で計算することができます。

 

ですので、豚レバーの糖質も同じように
計算することができます。

 

ただ、豚レバーは食物繊維が含まれていないので、
糖質=炭水化物量となります。

 

よって豚レバー100gあたりの糖質は
2.5g
となります。

 

基本的にお肉は糖質量が少なく、100gあたりの糖質は
0.5g以下のものが多いので、
100g中で2.5gというのは肉類では多い方です。

 

ただ食材全体でみれば、
糖質量は少ない方ですので、
糖質制限中の方も食べられます。

 

ただし、料理によっては注意が必要です。

 

甘辛煮は砂糖を使うので、
糖質量が多くなることもあります。

 

 

スポンサーリンク



豚レバー甘辛煮のカロリーや糖質はどれくらい?

豚レバーを甘辛煮にすると、
カロリーや糖質はどれくらいになるでしょうか。

 

甘辛煮には様々なレシピがありますが、
以下のような材料でつくることができます。

 

~豚レバーの甘辛煮~
豚レバー:100g
醤油:18g
酒:18g
砂糖:4.5g
みりん:18g
ごま油:6g
ごま:2g

 

このような材料の場合、
それぞれの材料のカロリーは以下のようになります。

 

豚レバー:128kcal
醤油:13kcal
酒:16kcal
砂糖:17kcal
みりん:41kcal
ごま油:55kcal
ごま:12kcal

282kcal

 

よって 豚レバーの甘辛煮1人分(163.5g)程度
282kcal
となります。

 

豚レバーの甘辛煮1食分は300kcal程度なので
おかずとしてはあまり問題ないです。

 

ただ糖質量は1食で
19.6g
となります。

 

豚レバー100gあたりの糖質量は2.5gでも、
砂糖やみりんには多くの糖質が含まれているので、
こういった調味料の場合、糖質が多くなってしまいます。

 

醤油や酒も多少糖質を含みますが、
砂糖やみりんよりも少ないです。

 

豚レバーを食べる際は、
甘辛煮ではなく、醤油や酒ベースのレバニラにした方が
糖質摂取量は少なくなります。

 

 

豚レバーは栄養たっぷり!

レバーはとても栄養価が高い食材であるといえます。

6a9bcce9eb036150ba40acbe4d701711_s

 

お肉の中ではカロリーも低い方で、
ダイエットの味方になるだけでなく、
健康面でも+になることがあります。

 

豚レバーに含まれる栄養素で注目すべきなのは
以下のような栄養素です。

・鉄分(13mg/100g)
・亜鉛(6.9mg/100g)
・銅(0.99mg/100g)
・レチノール(130000µg/100g)
・ビタミンB2(3.6mg/100g)
・ビタミンB6(0.57mg/100g)
・ビタミンB12(25.2µg/100g)
・葉酸(810µg/100g)

 

豚レバーに含まれる栄養素の含有量は
トップクラスです!!

 

それぞれの働きについて簡単に説明します。

 

「鉄分」…鉄分はヘモグロビンの構成成分になっています。

ヘモグロビンは酸素を全身に運ぶ働きをしており、
鉄分が不足すると、貧血になるおそれがあります。

a07fbb6a5e3ec4350a2ce4eef3adecf3_s

 

成人女性の推奨量は 10.5g /1日であり、
豚レバーを食べることで貧血予防にもなります。

また、動物性食品の鉄分は、野菜に含まれる鉄分と比べて
はるかに吸収しやすいというメリットもあります。

 

 

「亜鉛」…亜鉛は、酵素をつくる成分の他、
タンパク質の合成にも関わっています。

亜鉛は、豚レバーの他、魚介類にも多く含まれています。

 

亜鉛が不足すると、
味覚障害がおこることもありますが、
偏った食生活ではない限り不足しません。

成人女性の推奨量は 8mg /1日です。

 

 

「銅」…銅は、鉄分を必要な場所に運ぶ役割をしています。

つまり、鉄分が十分にとれていても、
銅の摂取量が少ないと、貧血の症状が起こることがあります。

成人女性の推奨量は 0.8mg /1日です。

 

 

「ビタミンB2」…ビタミンB2は代謝に関わるビタミンであり、
糖質・脂質・タンパク質の代謝に関わります。

皮膚や粘膜の健康維持に関わります。

 

食材の中でも豚レバーに含まれるビタミンB2の含有量は
ずば抜けています。

成人女性の推奨量は 1.2mg /1日です。

豚レバー100gには3倍量が含まれています。

 

 

「ビタミンB6」…ビタミンB6は、タンパク質の代謝に関わる
ビタミンであり、運動量が多い人ほど必要なビタミンです。

不足すると、口角炎の症状がおこることがあります。

魚介類の他、レバーに多く含まれており、
成人女性の推奨量は 1.2mg /1日です。

 

 

「ビタミンB12・葉酸」…ビタミンB12と葉酸は、共に
赤血球を形成を助ける働きがあります。

どちらかが不足すると、悪性貧血の症状がおこる
ことがあります。

特に妊娠中の女性は、葉酸が必要であり、
成人女性の2倍以上、1日に 480µg もの葉酸が必要です。

daedec44f9adb45aa5f70e0598a8d3c6_s

 

ただ取り過ぎも良くないので、
レバーなどの多くの葉酸を含む食材を
食べ続けるのは注意が必要です。

 

 

「レチノール」…レバーには豊富なビタミンAが
含まれています。

その量は13000µg/100gと食材の中でも含有量はかなり多いです。

ビタミンAは体内で皮膚や粘膜の健康維持、夜盲症の予防、
免疫力UP、発育促進などの重要な役割を果たす
ビタミンなのですが、
脂溶性ビタミンのために、過剰症には注意が必要です。

 

とりすぎると、肝障害、頭痛、吐き気などの中毒症状が
おこる可能性があります。

またレバーはプリン体が多く、痛風のリスクが高まります。

 

日本人の食事摂取基準では、ビタミンAの1日の上限量は 2700µg
定められています。

 

レバーで換算すると20gほど。

 

つまり毎日100gものレバーを食べていると、
食べ過ぎなのです。

 

1日だけ100g以上食べるような環境であれば、
毎日食べるのであれば、
数g程度であれば問題ありません。

 

このようにレバーは多くの栄養をもっています。

 

毎日レバニラのようなものを食べていると過剰ですが、
数週間に1回レバニラなどを食べるのは大丈夫です。

 

 

豚レバーで太ることはある?

豚レバーは100gあたりで128kcal程度と
肉の部位の中でも低カロリーですので、
豚レバーはダイエット中にも向いています。

a628cfaccddc4ffce9349d7c6895f34a_s

 

そして不足しがちなビタミン・ミネラルも豊富に
含まれているので、美容にも良いです。

 

ただ過剰症の心配もあるので、
毎日大量に食べるのはやめておきましょう。

 

 

糖質面でみると・・・?

では糖質面でみるとどうでしょうか。

 

豚レバーの糖質量は100gあたり2.5gです。

 

肉類の中では多い方ですが、
食材全般でみれば、糖質量は少ないです。

 

なので糖質制限中でも食べて問題ありません。

 

ただ、甘辛煮などの砂糖を使う料理の場合は
糖質量が多くなるので注意が必要です。

 

 

まとめ

今回は、豚レバーのカロリーや糖質をテーマにして
まとめてみました。

 

豚レバーは、豚肉の部位の中でも脂質が少なく、
カロリーが低い部位です。

 

ただ調理法によっては高カロリー、高糖質となります。

 

また食べすぎは過剰症の恐れがあるので注意が必要です。

 

★こちらもどうぞ
ハツのカロリーや糖質は?牛・豚・鶏の違いは?