今日は、豚肩ロースのカロリーや糖質をテーマにしていきたいと思います。

 

とんかつ、生姜焼き、豚の角煮など、、、
様々な料理に使われる豚肩ロースについてまとめてみました。

10ab11626e9828c4a477d97dd028aebb_s

 

豚肩ロースのカロリーはどれくらい?

豚肩ロースとは、豚の首から背中にかけての肩の部分の肉で、
赤身の中に脂質が網目状に広がり豚肉本来のコクや旨味を味わえる部位です。

 

そんな豚肩ロースのカロリーはどれくらいでしょうか。

 

豚肩ロース100gあたりの栄養成分は下記の通りです。

エネルギー:253kcal
タンパク質:17.1g
脂質:19.2g
炭水化物:0.1g

(日本食品標準成分表2015年版(七訂)から引用)

 

つまり豚肩ロース100gで 253kcal となります。

 

比較的脂身が少ない部位である豚ひれ肉のカロリーが100gで 130kcal

 

最も高カロリーな部位、豚バラ肉のカロリーが100gで395kcalなので、
豚肩ロースは 脂身と赤身のバランスが適度に取れたお肉だといえます。

 

ダイエット中にはカロリーを抑える為に、豚肩ロースをゆでて脂を落とすことがおすすめです。

 

また、一度さっと茹でて油を落としてから炒めても、カロリーオフになるのでおすすめの調理法です。

 

 

スポンサーリンク



豚肩ロースの糖質はどれくらい?

では次に、豚肩ロースの糖質についてです。

 

食品に含まれる糖質量は、「炭水化物量」−「食物繊維量」
で計算することができます。

 

したがって豚肩ロースの糖質を食品成分表から計算すると、

糖質(g)=0.1g−0.0g=0.1g

 

このように、豚肩ロースは非常に低糖質であることがわかります。

 

豚肩ロース以外の豚肉の部位でも、
ひれ肉: 0.2g
バラ肉: 0.2g

と、豚肉にはほとんど糖質が含まれていません。

 

また、豚肩ロースには ビタミンB1が豊富に含まれています。

 

ビタミンB1は 糖質をエネルギーに変える代謝をサポートするはたらきを持っていて、
つまり、ビタミンB1が不足すると
糖質からエネルギーへの変換が進まず
糖質が脂肪として体に蓄えられてしまいます。

 

従ってビタミンB1を多く含んでいる豚肩ロースは
ダイエットに適している食材だといえます。

 

さらに、ビタミンB1は 「アリシン」という成分と一緒に摂取すると、
体への吸収が良くなることが知られています。

a54f796cb4a53f64aa40aec8dc1ac6c5_s

 

アリシンは玉ねぎ、ニラ、にんにくなどに多く含まれていますので、
一緒に調理して更にダイエット効果を高めるようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク



豚肩ロースにはどんな栄養がある?

豚肩ロースの栄養素について見ていきます。

 

豚肉には、たんぱく質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素が豊富に含まれています。

c4ca5045ddaa5fee1d41d93b9b573133_s

 

豚肩ロースに多く含まれる栄養素については、下記の通りです。

 

たんぱく質:17.1g
亜鉛:2.7mg
ビタミンB1:0.63mg
ビタミンB6:0.28mg

 

<たんぱく質>
たんぱく質は三大栄養素(たんぱく質、脂質、糖質)のひとつで、
皮膚や髪の毛などの“からだをつくる働き”を持っています。

 

たんぱく質が不足すると筋肉が減り、
代謝が落ちて痩せにくくなると言われているので、
ダイエット中は積極的に摂取したい栄養素です。

 

筋力トレーニングや有酸素運動と組み合わせることで、更なるダイエット効果が期待されます。

 

 

<亜鉛>
亜鉛は体内に約2000mg存在し、主に骨、肝臓、腎臓、筋肉などにある成分です。

 

タンパク質の合成にかかわる酵素の材料として使われます。

 

亜鉛は体内でつくりだす事ができない為必ず食事から摂取する必要があります。

 

不足すると、味覚障害、免疫力低下、成長障害などが引き起こされると言われています。

 

 

<ビタミンB1>
前項で述べたように、ビタミンB1は糖質からの
エネルギー産生を助けるはたらきを持っています。

 

不足すると、疲れやすい、だるいといった夏バテの症状になり、
更に不足すると脚気になることが報告されています。

 

ビタミンB1は特に豚肉に多く含まれていますが、玄米や麦ご飯などにも豊富に含まれています。

b1826ee48c3c4c6f29673d48a58bdaab_s

 

<ビタミンB6>
ビタミンB6は皮膚炎を予防する働きを持っています。

 

ビタミンB6は腸内細菌によって私たちの体の中でも一部産生されています。

 

広くさまざまな食材に含まれていますが、
かつお、まぐろ、レバーなどに多く含まれています。

 

また、くだものではバナナに比較的多く含まれています。

 

このように豚肩ロースには様々な栄養が含まれています。

 

 

豚肩ロースで太ることはある?

豚肩ロースは脂質が比較的高いため、
食べ過ぎるとカロリーオーバーとなってしまいます。

7678c2eb4883f31a2f0a2ab71d6e759b_s

 

ですが先に述べた通り豚肩ロースにはほとんど糖質が含まれていないため、
糖質制限ダイエットには最適な食材と言えます。

 

通常、食事によって血糖値があがると、
インスリンという物質が分泌され血糖値を下げるはたらきをします。

 

しかし、血液中の余った糖を脂肪に変換してしまう作用もあるため、
インスリンは別名太るホルモンとも言われています。

 

豚肩ロースの100gあたりの糖質量は 0.1g

 

対して炭水化物の代表ともいえる白ご飯茶碗一杯分(150g)の糖質量は55.7gですので、
豚肩ロースの糖質は圧倒的に少ないことがわかります。

c8e39682482d4d43394f6720c7177710_s

 

また、代謝を助けるビタミンB1、
脂肪の燃焼を促進するカルニチンという物質も豊富に含んでいるため、
豚肩ロースは優秀なダイエット食材です。

 

ですが食べ過ぎには注意して、
豚肩ロースを食べる際には「揚げる・油で焼く」
などの調理法は避けてカロリーを下げるようにしましょう。

 

 

まとめ

今回は、豚肩ロースのカロリーや糖質についてまとめてみました。

 

糖質は低くダイエットに最適な栄養を多く含んでおりますが、
カロリーは決して低くはない食材なので
食べ過ぎには注意するようにしましょう。

 

★こちらの記事もどうぞ
豚バラのカロリーや糖質はどれくらい?